スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アエオニウム ほうじ茶系・お抹茶系

07.02 Tue | Category: Greenovia / Aeonium

ssq-aeo0088.jpg

シーズンギリアエオ~まだまだいっちゃいます~
なぜなら~ ユーフォの写真が全然撮れてないからぁ~!
ということで今日はカット⇒発根してまだ若い、小苗ズ。

ssq-aeo0090.jpg
Aeonium 'Madaraboushi'

こちら、まだら黒法師と何が違うのかまったくわかりまへん。
うちにこいつと似てるの、まだら黒法師とさらにもう1株ありやす。
アエオ・グリノ系は産地でカラーが変わったりするんだろうか?
エルイエロ島のはピンク+ライラックカラーのが多い気がするんだけど…
あのカナリア諸島っつう比較的狭い範囲なのに、島の固有の特徴が??
このまだら法師系もみんな同じ島の、微妙に違う株だったりするんだろうか。
って、憶測でもの書いてないで調べろなんですけどね。

ssq-aeo0089.jpg
Aeonium 'Green Tea'

グリーンティ。うちには同名の交配種ハオルチアもありますが、
それも緑+オレンジ強めに色づきます。
こういうの姿のアエオってsedifolium(小人の祭)系なんですってね。
確かにカラーリングと質感はそのものですが、葉の形と大きさが全然違うので
言われるまで気づかなかった。

ssq-aeo0091.jpg
Aeonium sedifolium no-data

まるで上の株とそっくりね。同じかなぁ?
地元園芸店でお安くげとした札オチ。上のグリーンティが普及種で流通多い種類
だったとしたら同じかもね~。
(紅葉の色付きがちょっと違うので、多分違う株だと思うんだけどな~)
ところで、sedifoliumってセダム・フォームのって意味かな~と予想たてて
一応調べて、当たってはいたんだけど「Sedum sedifolium」つうのがhitして
すごくモヤモヤした。「セダム形のセダム」て。れっきとしたセダムなのに、
かえって「木目調」「手打ち風」みたいな空気がただよってきちゃいますな。

ついでに電気グルーヴの「ポンコツ幻想曲」を思い出した。。

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

【馬の骨ハオルチア】 6:おにゃハオしんびちゃんず

07.01 Mon | Category: Haworthia -umanohone-

ssq-hawo0341.jpg
Haworthia cymbiformis pink form

久しぶりに馬の骨ハオ。ウケが悪くともやりますともっ。
ということで今日は女の子系(と思う~)かわいい紅葉するはおるちゃーを。
こちらピンクフォームと札がついたシンビ。産地データはなし。
かわいくないですか~ うちには白くまろやかなシンビは貴重。

ssq-hawo0339.jpg

この白いやわらか肌の美しさのおかげで、緑の時期にも眠くない株。
なぜか見てると「すあま」を思い出す。
余談だけど、すあまって漢字で書くと「寿甘・素甘」で東日本の和菓子
なんだそうです。12へぇ。

ssq-hawo0349.jpg
Haworthia cv.

なぞはおるちゃー。だけど、シンビ系ですよね?
うちでは唯一の黄色に色づくハオ。はっきりオレンジ色はよくあるけど
こういう感じの黄色ってあまりないですよね? 冬、棚ですごく目立ちます。

ssq-hawo0348.jpg

どうにも大きくはなりそうにないけど、シンビの繁殖力に期待してます。
これ群生したら、紅葉期さらに戦闘力上がりそう。今はアップルグリーン。
馬の骨ネーム:上の子は「すあまちゃん」下の子は「きんつばちゃん」ということで。
なんとなく。(普通きんつば、黄色くないけどね…)


icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

クラッスラ 中くら~い普及種?4つ

06.28 Fri | Category: -Crassulaceae-

ssq-tnk0061.jpg
Crassula 'Silver Spring Time'

これ、Springtime名でも見かけるんだけど、どっちが正しい名前なんだろう?
Silverの由来はなんといっても、この葉の上に纏った銀の粉のような斑点でしょう。
気づいたら子株ちらほら。

ssq-tnk0060.jpg

こんなところからも。
頂点の葉が、花の茎が生えていた名残って感じの形っすね。

ssq-tnk0066.jpg

こういう花が咲きます。
ベタなクラ花(色もね)ですね~。かわいいけど♪

ssq-tnk0068.jpg

花の時期には本体はこんな色。断然こっちのがかわいい。

ssq-tnk0063.jpg
Crassula sp.

どこで手に入れたかピンと来る人にはすぐわかる…
火祭り以上に真っ赤に紅葉するクラ。
赤いときがパンチありすぎて、緑の時期は…ね、眠い多肉だね。。

ssq-tnk0069.jpg

花。ぶわ~っと群生する。

ssq-tnk0064.jpg
Crassula 'Emerald'

ちょっとお気に入りクラ、エメラルド。
池袋屋上でいつだっけか購入。
玉椿とかと同じ系統なのかなぁ? 形がね~。

ssq-tnk0065.jpg

冬にはもうちょっとしっかりオレンジに色づきます。 ↓

ssq-tnk0070.jpg

ssq-tnk0088.jpg

花はこんな感じに、あちこちからチョボチョボと咲く。

ssq-tnk0062.jpg
Crassula 'Tomoe'

はい、こわーい。
このきっちり十字形、、
超むかーしのシューティングゲームで「スペースハリアー」っつうのが
あってだな…この「巴」を見てると、それに出てくるトモスという
敵ターゲットを思い出すんだな…あれは三枚葉(葉?)だけど…

ssq-tnk0067.jpg

お花はこんな感じでございます。
これまた、よくあるクラ花(色もね)。

スペースハリアー、初めてやったFCゲームでした(親が持ってた)w

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

アエオニウム すごくベタベタするやつ、すごくベタなやつ

06.27 Thu | Category: Greenovia / Aeonium

ssq-aeo0071.jpg
Aeonium glutinosum

オリジナルはマデイラ島産らしいです、グルチノーサム。
大きくなって60cmほど。最近紹介したアエオたちの中では小さいね。
こ れ がぁ~ ベタつくアエオ数あれど、群を抜いてベタつくんだな~!
正直ちょっと不快になるまでに、キュッヌタッぺたっとしております。

ssq-aeo0072.jpg

不人気なのかな。検索にはかかるんだけど、浅い内容のものばかり。
なんだ、まぁロゼット発展したとしても他のアエオには完全に劣る
見た目だし…ベタつくし地味だしベタつくし… 
種小名glutinosum、これ自体も「すげぇベタつくぜ」という意味らしいです。
扱いに気をつけないと、延々土埃まみれになりそうですね。。

ssq-aeo0084.jpg
Aeonium 'Kurohoushi'

てことで、お次はベタなアエオ。なんだかんだ三株持っている黒法師。

ssq-aeo0080.jpg

ssq-aeo0081.jpg

曇天で無理やり撮ったので、彩度アップドーピングで華やかに!(涙)

ssq-aeo0086.jpg

ほんとはこんな色です。
あああ 曇天下撮影、ピンボケだけはどーにもなりませんな。
三株ともデータなしなので、黒法師と一口に言えど、Zwartkopが混ざったりして
いるのかしていないのか。謎です。
三株はちょっと葉の形が違います。もっと間延びしている時期のほうが顕著なんですけどね。

ssq-aeo0087.jpg

1 ワイド平葉

ssq-aeo0083.jpg

2 丸長葉

ssq-aeo0082.jpg

3 シャープ葉

どれもいいし、どれでもいいなぁw


icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

結構でかくなってきた? 多肉のカット枝挿し畑

06.25 Tue | Category: -others-

ssq-tnk0057.jpg

今日は愚痴っ! まじで半月くらい日照ほとんどないんじゃなかろうか…
曇天雨天が続きすぎて、六月の写真がまるでありまへんのですマジで。イ~ライラ
なので五月の写真を。タイトル通り、カット枝の畑っす。セダム・クラッスラ多め。
パッと見て全ての名前が浮かぶ方。すばらしすぎます。

ssq-tnk0058.jpg

庭のハーブとエケベリア⇒徒長地獄 ハオルチア⇒気づいたら三株融けてた
リトープス⇒何頭かネズミにつぶされた センペル⇒水切りすぎてカッサカサ
といった具合に我が家の植物たちは最悪なループにはまって抜け出せません。

ハオがわっかんないな~半月以上水切ってるし、日差しないし、ビニール解放しっぱなし
なのにな~…異常に蒸れたか病気か…納得いかん~…どれも安物だからまぁいいけど…

あと、ネズミ。やつら多肉の花、好物なのな。というか味覚えさせちゃったか…
最近ネコやネズミにやられっぱなしなので、そろそろマジで打って出るぞくっそう。

ssq-tnk0056.jpg

エケとハオのちょいと実生チャレンジは、ネズミに食われて終わ~りというお粗末な
結末を迎えてしまいました。。
でも! グリーノビア・オーレアとシンニンギア断崖の女王だきゃ~種ができたっぽい??
収穫したけど、まだ確認せずに放っておいております。見ろよ。
唯一絶好調はユーフォたち。そろそろシーズンで楽しみだね~。

ハーブもね…レモンバーム・ラベンダー・セルフヒール・シナモンマートル辺り
咲いたのよ……そろそろ悪条件でも撮るしかないか…花が終わる前に……(ふう)。

ssq-tnk0059.jpg


icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチア バリエガータ v. モデスタ バリエガータてェ

06.24 Mon | Category: Haworthia

ssq-hawo0277.jpg
Haworthia variegata v. modesta variegata

ハイ、モデスタ錦でやんす。
「内気な」なんて種小名がついちゃってるmodestaやん、人気薄な印象。
即売会の遅い時間でも、オクでも売れ残りよく見かけるんだもの。。
モデスタの基の種小名も「錦」と同じ「バリエガータ」なのがややこしいですよね。
なんでそんな名前にしちゃったんだろう。。
ハオの錦の中では中頻度の遭遇率のような気がします。結構出回ってる。。

ssq-hawo0278.jpg

粒あらめ。モデスタって結節がきれいに浮くものって少ない気がしますね。
中途半端につながってたり、まばらだったり…

ssq-hawo0279.jpg

ssq-hawo0325.jpg

今はこんな感じで真緑で~す。
斑なしモデスタも持ってますが、さすがモデスタは増えやすい種類ということで
順調に子株が増えてきています。

ssq-hawo0334.jpg
Haworthia variegata v.modesta E.Bredasdorp

これが斑なし。これ並にちくちくトゲトゲの斑入りだったらよかったのにな~

ssq-hawo0326.jpg

ワイド葉と交配したら緑のサンゴっぽくなるかな? 
あれはエメリアエ×ヘルバセア交配らしいっすけど。

吉田さんとこでバリエガータとその交配UPしてたけど、あれはパァーッとしてやした。。

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

アエオニウム 「一つ目巨人」と「呪術師」が兄弟株とはっ

06.21 Fri | Category: Greenovia / Aeonium

ssq-aeo0063.jpg
Aeonium 'Voodoo' monst.

Cyclops、 glandulosumと共に欲しかったアエオ、Voodoo。
渋いネーミングですな~ やっぱり赤土と黒人と血のイメージとこの株の色が
マッチするから、この名でしょうか。
偶然にもCyclopsと作出者が同じ、南カリフォルニアの園芸家のJack Catlin氏。
そしてなんと、どちらも同じ両親Zwartkop黒法師×艶姿だっつーのです。
なぬ!?

ssq-aeo0058.jpg
Aeonium 'Cyclops'

これこないだの記事の写真…一つ目⇒五つ目Cyclopsちゃん。
どうですか似てますかね。
ザ・大型アエオまるだしなCyclopsと比べて、Voodooは普通サイズっぽくて
まるで違うものとしてみてたので、わたしは驚きましたけどね。

ssq-aeo0064.jpg

まだまだ小さな綴化株。綴化だから小さいのかな?
通常Voodooはロゼットは30cmくらい、丈は1m超えるらしいです。
ということはCyclops(径45、丈150)よりは若干小型。
…って1m超えるなんて十分でかいっすけどね。

ssq-aeo0066.jpg

ヴードゥーといえばヴードゥー・マジック… この子もここから
五つ目になったCyclops兄者のように、もうひと化け(不気味に!)してくれるでしょうか。 
なんかやってくれそうな気がして楽しみにしてます。


icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

シーズン土俵際センペル 粘り腰

06.20 Thu | Category: Sempervivum / Jovibarba

ssq-semp0111.jpg
Sempervivum 上海ローズ  Rosie  Morning Bird  ヒルツムベアンスキー

とオロスタキスの子持ち蓮華の寄せ植え。……まぁ寄せ植えってか落下鉢の
寄せ集め……っていうか…ね…… でもなかなかかわいいですね。
今の休眠モードの写真も撮りたいけれど、全く天候が良くなりません。むー。

ssq-semp0112.jpg
Sempervivum 'Chiltern Hybrid'

「チルタンハイブリッド」。「チベット産=チベタン」的な名づけかしらとか
思ってたら、チルタンという地名自体がエゲレスにございました。
あと、Chiltern Seedsっていう種の業者みたいなのがあるね。
センペルの扱いあるかわからんけど…
中サイズ、葉は固め。
チベタン=チベット産 チルタン=……う~ん……チルギスタン産 ←どこだよ 

☆追記 Chiltern Seedsにセンペル種の扱い、ありました。↑センペルがそこ作出株かは不明。。


ssq-semp0107.jpg
Sempervivum 'Morning Bird'

勝手に常緑イメージだったんだけど、ちょっと紅葉してました。
特定の種類の鳥を外国ではMorning Birdいうんかな~と思い検索かけたけど
特になしでした(たぶん)。
小型センペル。

ssq-semp0106.jpg
Sempervivum calcareum 'Sir. Wm. Lawrence'

こいつはちょっと変り種かな?って思う。
カルカレウムの中でも、緑の部分がよりライトで、赤の部分が小豆色(普通ラズベリー色
くらいの彩度はあるよね)って感じ。
和色のようでおしゃれ洋色のようで、かっこいいセンペル。
まったく増えてくれなかったので夏がおそろしい。。

ssq-semp0109.jpg
Sempervivum 'Neptune'

紅葉し始め二月ごろは青かったんですが、褪めるころには緑・茶色・赤っぽく変化。
名前から察すると、青の状態からのイメージだよね?

ssq-semp0113.jpg
Sempervivum 'Neuveau Pastel'

パステルシリーズは全部そろえたいですね~。
Pastel、Neuveau Pastel、Bronze Pastel それ以外にもあるのかな?
この人はランナー部分が売りです。普通のランナーは濃いピンクなのに、
この人は桃色なのです。。 今度また写真貼りますけど。。。

「桃色片想い」はあややでしたっけ?

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。