スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーノビア・ドドランタリス2鉢

01.02 Wed | Category: Greenovia / Aeonium

本年一発目記事で~す´∀` 
年末もど趣味で終えたので年の始めもど趣味でスタート!
本年も宜しくお願い申し上げます~♪♪


ssq-gree0001.jpg
Greenovia dodrentalis

てことで~グリーノビア偏愛家より今日は小型のグリーノビア・
ドドランタリスを!
ラナンキュラスの花ばりの、一株でどっか~んなグリーノビア・オーレア
などとは違い、群生させてなんぼの種。
期待に応えて子吹いてくれるのも嬉しいところ。

ssq-gree0002.jpg

こんな風にね。寒風から守られるような場所に生えてきてくれたのも
ありがたい。グリーノビアはベランダ・ビニ棚・最上段(冬場の
我が家の特等席)に置いてますが凍死しないようにと一番気を遣って
るかもしれない。。この子達の凍害笑えない゜∀゜(エケベリア…。)
なんたって、うちの植物の中で一番えこひいきしてますから。

ssq-gree0003.jpg

地を這うように群生する蝋質の葉」などとの説明を見受けますが、
蝋質ね~まぁね~。
ホヤフューシャがあまりにも蝋すぎて、この程度じゃあまり感じない
な~。アエオと一緒。
薄めのベンケイソウらしい葉っぱというところ。
表面がツルツルなエケやセンペルよりも、もっと葉らしい葉の感触だと
思うけど。

ssq-gree0004.jpg

こちら、もう一鉢の方のドドリアさん。
かなり水切ってたらだいぶ葉が皺って丸まってきたので、同じ症状が
出てきたエケと共に潅水し、夜は取り込んで管理してます。

ssq-gree0006.jpg

この通り、しっわしわ~。
グリーノビアは冬型と言われるけれど、
成長期とはみなさずに肥料も水も与えず春まで管理するつもり。
アエオの楽園・スペイン領はカナリア諸島からお越しなわけです
けれど、温暖・乾燥してる観光地なイメージだったわ…なんとなく… 
この「冬型」って、原産地における? それとも日本における?

多くのブロガーは日本における冬型として解釈しているようだけど、
リトープスの例もあるしなあ…(本来は夏休眠型ではないよ、ってやつ)
…どうなんだろ。

ssq-gree0005.jpg

まるっと球形に閉じた休眠期の姿こそグリーノビア栽培・観賞の
醍醐味! だけれども、成長期・水切り…葉が開いているのに
こんな風に横に丸まってるのも変則的でなかなか面白くていいね。
枯れ込んだ外葉が下に溜まっているのも、株の独特さを後押し。
うん、やっぱりグリーノビアはいい。

BGM:Stickshifts And Safetybelts/CAKE

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

<< パイナップルミント・レモンバーム・プレクトランサス | home | 2012・うち棚ハオルチア・オブ・ザ・イヤー >>

comment
折角ヤフオクでドドランを見つけたのに迷ってるうちに時間切れで終了してしまいやした・・・OTL
開いてる姿も可愛いし休眠期に閉じてる姿がこう・・・グッとくるんだよなぁ。
うー、手に入らなくなると欲しくなる。

ところで下の方のドドラン、何だか見てると不安になってきますね。(どうでもいいけどドドリアってwあなたフリーザ様だったんですかw)
やっぱ上のがいいな。
akichloさん♪
はい、戦闘力53くらいのフリーザです(瞬殺)

ドドリアさんは多分グリーノビアの中では一番出回るので、ちょこちょこ
オク覗いてれば出ると思いますよ^ω^ 真夏以外なら。
下のは、潅水したらすっかり元通りになりました~。
上の子よりも葉が長い…。うちのギガンテアがだんだんそーなってきた…。

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。