スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【馬の骨ハオルチア】 3:cooperi from outerspace

02.28 Thu | Category: Haworthia -umanohone-

ssq-hawo0181.jpg
Haworthia cooperi

大抵「美しすぎる」の冠をつけられた「〇〇」は余りある冠の輝きに打たれるもんですが。
こちらなんの変哲も無い大型のクーペリー。キレイ! じゃないですか? 
余りある?? いや…看板に偽りなし!(と、個人的には言いたいぞ~)
紅葉が裏窓まで透けて、ピンクのすりガラス窓になってるところがなおステキ。 

ssq-hawo0179.jpg

こうした上からのアングルよりも~

ssq-hawo0180.jpg

ベストはこうっ! 横からこの辺りをピックアップして見てみるとイイ~っ。でしょお´∀`
ふねふねとした葉先はアレ、うちの姫アトロ×イネリーっぽい。お清楚&繊細美人。
cooperiは幅広すぎて最早トーシロには追究のガッツも湧かないわけですが(湧かせや)
こういうタイプはくっきり「どこ系」ってわかったりするもんなんでしょうか。
…………まぁ、この子は確か実生株なんだけどね^^;

ssq-hawo0182.jpg

写真の雰囲気も手伝って、スペースオペラに出てくる謎のクリスタルみたいっ!
「バーバレラ」辺りに出てこないかしら。…なんつて。

BGM:Cosmic Girl/Jamiroquai

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

まさに凸凹コンビ・クラッスラ月光&巴

02.26 Tue | Category: -Crassulaceae-

ssq-cra0004.jpg
Crassla barbata

凹の方。月光です。グリーノビアみたいにかわゆいクラッスラぅあ~♪
てんで手を出したわけですが、これが奇しくもグリーノビアというかアエオニウムに
成長タイプもそっくりなのでありました。
冬型であること。ロゼットの真ん中から花芽伸び、開花=ロゼットの消滅を意味する
例のmonocarpicであること。ほいで夏、融けると゜Д゜ センペルとかとも同じですね。

ssq-cra0003.jpg

本来もっともっふもっふになるんですが、うちのは薄毛。welcome to our 薄毛家系
houseへ。クラッスラって科を代表するネーミングついてるんだからもっと図太く
あってほしいのに、他多肉と比べて育てづらいものが多いですよね。弱い。
その上冬型だなんて、難物間違いなし! と思ったら、世間様でもやっぱ苦闘されてる
部類のようで。。ですよね´∀`;
かといってセンペルみたいな越夏は怖くてできない。ん~…どうしようか^^;
別名・花翡翠

ssq-cra0006.jpg
Crassula hemisphaerica

凸の方。月光があるのでつい買ってしまったたぐいの。
多肉ルーキーだった頃、リトープスにうぉぉこぇぇグロいぃぃぃなんて思ってたのに今は
いいこたんできるわたしですが、未だにクラッスラのこのきっちり十字多段の薄いヤツ
は苦手…。キムナッキーとか…あ、アレみたいなものね。蓮の実の。
あれみたいに、生理的に苦手。でもいずれ慣れたりして、てんでお迎え。

ssq-cra0005.jpg

ほらぁぁやっぱりこわいいいい。。。
自然な生き物が不自然なまでに整然としてるからなのかな。星乙女とかムチころな
タイプはかわいくて好きなんだけど。いっそあまりにも有名な和名・よりも
無機質な学名hemisphaerica銘のほうが受け入れ易いわ(なんて思うのはわたしだけか)。
生き物の形とかにトリミングしてある庭園の木とかも、なんか不気味で苦手です。
この子に思うこと。逆に徒長させずにきっちりキュウキュウな不気味姿に育てきる!こと^^;

☆補足 月光・正体はこっちでした。

BGM:Moonlight Journal/EGO-WRAPPIN'

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む »

アエオ見くびるな

02.25 Mon | Category: Greenovia / Aeonium

ssq-aeo0024.jpg


 Aeonium
 'Sun Burst' cristata


 だんだん立派になってきやしたよ、
 サンバースト綴化。 

 葉が焼けやすく、一進一退だと
 思ってましたが、思いのほか
 かなり成長してました。。

 成長期だから水が足りてないのか
 フレッシュな気根がいっぱい´ω`
 でも、こないだついに液肥施して
 以降、辛め管理は継続中です。
 
 現在4号鉢。
 


ssq-aeo0029.jpg

こちら、昨年7月。見比べてみると一目瞭然ですな。
この頃は真夏だから当然と思ってましたが、なんと真冬の光でも同じくらい葉焼けを起こす
ようですよ。個人的観測ですが、真夏と度合いはなんら変わりない。
葉の擦れも影響しているのかもしれませんね~。

ssq-aeo0009.jpg

綴化していない部分。冬・シーズンインで特に黄色の部分が色づいてます。

ssq-aeo0013.jpg

同じく綴化してない部分をカット。
これぞカット苗の方が紅葉する、の典型ですね~。黒いライン…。
残念ながら雪に負けて今や☆ですけど…。。

ssq-aeo0028.jpg

下の写真は9月頃。やっぱ冬本番の方が美しい。
全てのアエオがそうではなく、休眠期の方がキレイなものもあるけども。

ssq-aeo0014.jpg

ベンケイ+ロゼットじゃ~エケ>>センペル>(越えられない壁)>>アエオくらいの
人気の差があるように感じるんですが´∀`; わかりますよ、厚みや色や形やら、
バラエティが少ない華が足りないですしね。。
でも、わたしの中ではセンペル=グリーノビア>アエオ>エケかなっ。
地味~んにアエオ集め続けています。

ssq-aeo0027.jpg

通常株と流通量は大差なく綴化を見かけるサンバースト。
フリフリでアンティークな質感のブーケみたいに、もうひと化けしてくれそうな予感。
ここの写真とか見てくれたら、アエオやるやんって思うと思いますよ~~。
サイクロップスって国内あるんだろうか…前々から欲っしいんだけども、大型過ぎて
業者が手を出したがらないんかな…その内輸入コースかなぁ~´~`
そもそもアエオ市場に旨味がないから出回らないとかいうなよ。。。;Д;
でも日本じゃ出回らないかなと思い込んでたヴードゥーですらあるしねえ。。)

ssq-aeo0025.jpg

これからアエオ記事、増えていくと思います´∀` 

BGM:雨を見くびるな/キリンジ

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

蓮花のようなハオルチア・ルテオブ3変化

02.22 Fri | Category: Haworthia

ssq-hawo0162.jpg
Haworthia luteorosea×obtusa HR-5

鈴さんとこの兄弟株がやっぱりきれいなんで、うちも久々記事に。
や~、この株どの時期見てもいいですね。
「HR-5」の部分はニシさんナンバリングと思われます。

ssq-hawo0167.jpg

こちら昨年9月ごろの色。青紫色がかって美しいです。
レース×オブのわりに徒長することもなく、窓の曇りもなく、焼けもしない。
見た目繊細なのにかなり育てやすく、パーフェクトな交配種だなぁと個人的に
思っちゃいます。これ、もう安定した交配種なんだろうか…ほんと素晴らしいので
ミラーボールばりに普及してほしいとか思うなぁ。

ssq-hawo0166.jpg

ssq-hawo0164.jpg

こちら1月下旬。最初の深紅株はこの写真のわずか2週間後。
こんな暖色系緑から、秋は寒色系紫まで周年で変化していくのがいいよね。

ところで札に倣いルテオブ表記ですが、luteorosea⇒herbaceaつうことで
「つまりヘルオブ」ですね。…とやりたかったんですが、ハオ協会の「Haworthia Study」の
補足としてネットにUPされてた記事で、pallidaこそがluteoroseaやらherbaceaやら
呼ばれている種の正名であり、luteoroseaは後位異名、herbaceaは全くの誤名

書いてあるのを発見し… ぎゃーん!!Σ゜∀゜ と!!
実感として流通量はヘルバセア>パリダ>ルテオローザ(ルテオロゼア)くらいな感じで、
ヘルバセアはルテオローザの新呼称だと思っていた(というか、広くこう認識されてませんか?)
もんで青天の霹靂でございやした。
これ、昨日の記事のH.Godzilla調べてて見つけたんですけどね^^;
いや~…そうだったんだ…… じゃあherbaceaってどっからわいてきたんだ…?

ssq-hawo0165.jpg

つまりこの子は、「ヘルオブでなく、ルテオブというよりはパリオブ」ということですね^皿^
昨日教えていただいたカクタス・ニシ掲示板での林先生の「nigra」についての投稿も
種小名についても書かれており、興味深く拝読させていただきました(特に後半のまとめ部分、
研究者たちの種の分類に関する暫定的な分類・そうせざるを得ない…などが今後ハオを学ぶに
あたって特に道標となりました)が、このヘル・ルテ・パリダのように種小名の変遷ですらない
まちがいパターンも介在し、定説となるのでは、ますますネットだけでなく教本などで基礎知識
を身に染みこませねばならんな~…間違ったまま覚えちゃうな…いっそハオ協会に入ろうか…
などと改めて思ってしまう出会いでしたよ… 上記の補足記事とは…

ssq-hawo0161.jpg

……………で、日本ハオ協会のサイト見て、「春分の日に平和島でハオフェス」なるガッデム
イベント開催のお知らせを見てしまい、ちょうど個人的にその頃忙しさの絶頂であることが
予見されるためホーリー苦悶に陥ったわけですが、、、まじホーリーなんとかします。
なるのかっっ???

ssq-hawo0163.jpg

…いっぱい子吹きちうです。あ、がんばろ。

BGM:So Very Hard To Go/Tower Of Power

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

【RMX】謎ハオ・オルテンダハリー

02.21 Thu | Category: Haworthia

ssq-hawo0157.jpg
Haworthia O.H.

前記事見たら、なぜか写真はトラデスカンテアの開花でなんじゃこりゃってんで
再編集いたしやした。写真は直近のを。
謎ハオ・オルテンダハリーでございやす。
前よりは微少ながら知識ついたもんで、今ならnigraの仲間かなとか思えるわけですが。。
鶴本店さんでワンコインげと。
これがんも~~あらゆるスペルで試してみたんだけど検索にかからずで、ギブアップ。
昨年秋の屋上鶴バーゲンにて、ちょうど若旦那がいらっしゃったんで問い合わせてみたんです。

ssq-hawo0159.jpg

そしたら 「オルテンダハリー」は「地名」ということ以外は不明
とのことでした。採取地なのでしょうが、プロに調べつかないことがあっしにつけるけぇと、
それ以上の追跡は諦めたのでありました。。
グーグルマップで南アフリカ、しばらく粘ってみたんだけどね~。
わたしも最初、男性の発見者+iiのハリーなのだと思い、オルテンダの部分がもしや
間違いでOrthendahlとかでも調べてみたんですけどね。まさにHarry Othendahlさんが
出てきちゃって、でもチガ~ウとw う~ん、地名か~~

ssq-hawo0158.jpg

ゴジラみたいでかっこいいっ!と買ったんですけど、ガッチガチに詰まったまんま成長。
ひょろくならないところがますますゴジラっぽくて、このまま多重層になったらもっと
箔がつきそう。ただ今3号鉢。ゴジラ名ハオはpallidaにありますが、それよりも
この子の方がずっと…だよね´∀` ニグラだとしたら、割と大型の部類じゃないですかね?
せめてスペルが分かればなんですが、札はカタカナだったんだな。。

BGM:Deeper Underground/Jamiroquai

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ



5mmでもリトープス脱皮(うおおお~!!)

02.19 Tue | Category: suc.seeding

リト&センペル実生の成長経過の定例報告~~。
今までひと月ごとの比較をしてきましたけんど、今回は動きがあるのでわずか10日間。

ssq-tnk0048.jpg

2月上旬。
この状態がぁ~こうっ!!と比較したかったのに、今気づいたよ。
左上の辺りにすでにおったんですなぁ。そう

ssq-tnk0041.jpg

脱皮っ!
この間、10日。

ssq-tnk0042.jpg

…写真白飛びで見づらくてすんません。冬の光むずい。
わたくしこんな小さい株…いや、まだ芽といえるサイズのでも、シーズン来たら脱皮する
なんて思いもよらなかったんです。

ssq-tnk0039.jpg
Lithops olivacea

どんどん膨れるのに一向に窓に模様が現れず、1cmくらいにならんと出ないんかしらなんて
思い込んでたところに明解な答え!「一発目の脱皮で窓に模様が現れる」。
おお~ものすご~く腑に落ちる節目! なんか気持ちいい!
これで芽が小株(苗)に昇格したんだな~って感じですよね。

ssq-tnk0040.jpg
Lithops optica 'Rubra'

こちらは多分紅大内玉。ハテナつけてるのは、同じ鉢に二種蒔きしているから。
限りなくこれであってると思うけど、がらっと化けるかもしれないし。
オフタルモフィルムを思わせるほどの、このうっすら色づく半透明な感じ、、、
たまんねっす。

ssq-tnk0045.jpg

センペルは今回同じくらいのディスタンスだから、成長がわかりやすいよ~。

ssq-tnk0043.jpg

はい ど~んと!!
同じく10日間の出来事でございます。
この一番大きいのは、もうポッと出のランナー子より全然大きい。
あと一回り大きくなったら、オクとかでこんくらいの単頭出品見かけるな~ってサイズ。

ssq-tnk0044.jpg

にしても、毎日のように鉢の出し入れしているのに、ちぃとも脱皮に気づかずとは。。
う~ん…最近あれこれしててちょいとお構いできんかったんですよねぇ。
春はもっと忙しいけど、すごく忙しいと却って植物に擦り寄る気質なんで´∀`;
植え替えも滞りなく進む……かな? そろそろこの子らも間引きの時期に入ってきたし、
去年使ってたハーブ播種用の200穴セルトレーあたりに植え替えるかなっ。
(アレ、趣味程度のハーブ栽培家が使うにはデメリットしか感じない…-ω-;)

BGM:Big Light/Minotaur Shock

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

キラキラピリフェラ・枯葉色のオブ・Lサイズオブ

02.17 Sun | Category: Haworthia

ssq-hawo0099.jpg
Haworthia pilifera

こちらまさかのオマケにいただいたもの。超~~キラッキラ*´∀`人
正体不明っ子なんですがこの波平感、ピリフェラっぽいかな?と。。ピリトル?
この辺札落ちするとなんぬもわからんくなりますな。
(先っちょ丸っくてもピリトル札ついてるときあるしさぁ~トル=平頭じゃんよちくそー)
やっぱり…オブ・クーペリーのラインピックアップしてみてみると……。
帰ってきた帰ってきた!…って感じがしちゃいますね~(なにが?)。

ssq-hawo0100.jpg
とにかく反射光がすごいぜ!

ssq-hawo0154.jpg
Haworthia OB-2

OB-2で手に入れたオブ。なんですが未だにこのナンバリングの詳しい違いが
わかりません。OB-1がガチの紫オブである(ストレスで紫になるやつじゃない、通年紫)??
というのを以前どこかでお見かけしましたが、2はなんなんだろうね。おまいさん調べよし。

ssq-hawo0153.jpg
マットで渋い枯葉色。窓がスモーキーでブルーグレーなとこがマブイゼ(いつもこう)
名づけてエディット・ピアフ・オブ!(はいはい)

ssq-hawo0156.jpg
Haworthia obtusa big type

上の写真とディスタンスほぼ一緒ですよ。でか~い!「大型オブツーサ」札で来た株。
個人的には、このサイズ感の方が原産地にしっくりくる気がする…
その…保水力・生命力のイメージというか? 
これは5号鉢くらいまでに群生させてみたいですぞ!(この写真は4ヶ月前・2号鉢)

ssq-hawo0155.jpg
いずれエンペラーを手に入れてサイズを比較してみたい…´∀`

BGM:Padam Padam/Edith Piaf

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

与野党ユーフォルビア・トルチラマ国会

02.16 Sat | Category: Euphorbia

ssq-euph0023.jpg
 

 Euphorbia 
 tortirama




 ぎゅるんぎゅるんのぎゅわんぎゅわん!!
 …にそのうちなってくれるよね? 
 ユーフォルビア・トルチラマ。
 国会はそーなってくれちゃ困りますけど。
 上にばっか伸びて、横がなかなか……
 小生、恥ずかしながらこやつが塊根
 ユーフォだとは知りませんでした。
 
 だって、ウチのとるちぃ、ちっとも根っこ
 ふくれないんだもん。





しわよる。
ユーフォルビアは冬でも微細根の枯死防止のために完全に水を切っちゃっちゃ~だめよん
…とはいえね、すし詰め住宅街住まいには「日当たりのよい室内」がほんっとに皆無なんす。

ssq-euph0025.jpg   

なのでユーフォは温かい日中にのみ短時間出したり、若干日のあたる室内にビニール敷いて
置いたり…でなんとか日照を確保しつつ、徒長を恐れつつの潅水。。
冬季突入でユーフォ(と冬型多肉)は三回目。ベンケイは二回、ハオは一回。
ちなみに、この所々ある白いのは斑じゃないよ。
これは……… 同胞の血だ!!!!

ssq-euph0026.jpg

っつうのも、こいつ背が高くて軽いんで、出し入れの際に倒れて周りのユーフォ傷つけちゃうんす。
ほいでユーフォちゃんたちって傷ついたところからアルカロイド液(白い。いわゆる「矢毒」)
出すじゃないすか。 多分、それが染みになって… 残って…… ・ ・ ・返り血ィ!!
ぅおおおお修羅ァァァ!!! …だと思うんですよね。違うかな´∀`;

ssq-euph0027.jpg

実はこの写真の後に若干体が茶色い部分が出てきやして。そして若干軟らかいと。
うっああこれやっちまったよ~完全オワタよぉ~オロロンオロロンと嘆きやして。
そして二週間。なんか未だに生きている、と。あ、あれ、生き延びた??
まさかの終了フラグ回避?でびくびくしながらも経過観察中でやんす。

ssq-euph0044.jpg
Euphorbia bioensis

………っがーん。

BGM:Love Me, Please Love Me/Michel Polnareff

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ハオ】「バレンタイン」に続きましてショコラとチョコレート交配

02.14 Thu | Category: Haworthia

ssq-hawo0124.jpg
Haworthia 'Chocolat'

本日ハオルチアのショコラ・チョコレート・バレンタインでエントリーするブログ、
どれが一番多いかどっかで統計取れたら面白いのにw
とゆことでまずはショコラ~。これは真夏の写真。チョコレート×毛蟹でシブザリ交配。
多分本店鶴さんのワンコお持ち帰りっこだったと思います。。
真夏の昼過ぎに屋上ハウスに突入するという自殺行為…(遠い目)
ちょっと苔むしたような風情が美しいですよね。
今はまた紅葉しなおしてきている、って状態です。

ssq-hawo0128.jpg
Haworthia 'Chocolate'×obtusa

オクげと。
チョコレート×オブツーサ。つまり
{(truncata×retusa)×wimii }× obtusa ということですね~。
これは秋の写真なんだけど、みどりい!つまらん!全然チョコ感感じない!
…ですよね~。でも紅葉すると

☆ やっぱり多数派チョコレート=ウィミー×コエルなのか…? 有名サイト、「弘法も筆の誤り」でしょうか´ω`;

ssq-hawo0126.jpg

こういう感じで、チョコレートの色味と硬さ、オブの透明窓が交じり合った
らし~い表情が発揮されるのでやんす。うん。。
この子はやっぱ紅葉してるほうがいいね。(上のショコラも)

ssq-hawo0125.jpg

比べてみると「ショコラ」が「カカオ70%」、こっちが「百円板チョコ」っぽい質感だねw
余談だけどあの例の6桁「アルテミス」販売店で「ショコラスイーツココア」なる5桁
スプレンデンス売っててこれまたびびった。でも……確かにきれいなハオだった…´Д`
…ということで、ハオ界でも高級チョコに手出しできないわたくし、お手ごろ価格で
うんまいチョコとして「リンツのリンドール」「マセズのトリュフ」を推して
今日の記事を終わります´ω`(コーヒーのお供に一粒で最良~♪♪)

BGM:One Night With Chocolate/BONNIE PINK

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

春一番はセンペルからだね

02.13 Wed | Category: Sempervivum / Jovibarba

ssq-semp0034.jpg

これこないだ言ってた落下鉢のを寄せ集めたもの。
下の写真は同じ鉢の12月の写真。ず~っとこんな感じだったけど、二月入って
20℃に近い日が一日あっただけで、5日ほどで上の写真のサイズになったんだよ。
伝わりますかね~。たった5日でこのサイズアップはほんとびっくりですよ。
鉢サイズ同じ、撮影距離ほぼ同じですよ。。

ssq-semp0035.jpg

ssq-semp0032.jpg
Sempervivum 'Neptune'

棚のセルトレーで管理中のセンペルたちも春の植え替えをいまや遅しと待つ…
てなくらいにでっかくなってきた。美モケセンペル・ネプチューン。
この青、海王星というか海王のイメージだよね?
青いセンペル大好きなんです。増えてくれ~~春に期待。

ssq-semp0031.jpg

札落ちセンペル。というのも雪の畑から救出する際にごっちゃになったか、
元々猫に交ぜっ返されてたのか><春になったらリストと照合しないとなんですが~
雪の下でぐずぐずになってた巻絹部分が見られる程度には復活してきたね。
snowbergerって札刺さってた……全ッ然違うし!!

ssq-semp0033.jpg
Orostachys spinosa silver form

センペルに似てるってことでオロスタキス。ずーっと「シルバーフォーム」
だったのに、春を前にしてグリーンが入ってきた。これは管理状態(外に出せない日もある)
の影響なのか、春だからなのか。。

ssq-semp0036.jpg

元はこんなん。葉が伸びてきたね…もしかして今年咲いちゃいますか……?
正直monocarpicでもオロスタキスの伸び方はエグイので(個人的に…´Д`;)
見たくないんですが…株消滅以前に見たくないんですが>< アレほんとダメ><
ぐぐったら、自分が前に書いたこいつの記事が出てきて、しかもブログ村のタグが
「吉田戦車」でついててフイタw 「八田先生」感は、最近収まりつつありますよw
……「ぐっ」。

BGM:Evil And A Heathen/Franz Ferdinand

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

季節ネタ。ハオルチア・バレンタイン(ラビアンローズ)

02.12 Tue | Category: Haworthia

ssq-hawo0101.jpg

どっちかってとラビアンローズの名の方で見かける割合の方が多いかな?
のハオルチア・バレンタイン。毛蟹×ピグマエア
てっきりショコラチョコレートが片親なんだと思ってたらちがうのね。
毛蟹と掛けてるとこが共通項だから同じラインの名を~ってところでしょうか。
屋上鶴さんではバレンタイン札だったんだけど、和名・流通名の類はぶっちゃけ統一してくれた
方がありがたい…どっちの名がより強いんだろう´ω`

ssq-hawo0102.jpg

うちに来てからまだ半年未満。
大体いつの日もお変わりなくこういう風情であります。
安定して窓のグラデーションを保ち、安定して白・茶色く、ほんのり緑。
茶色にほんのり緑は毛蟹要素なので、白を連れてきてくれたのがピグマエアって感じですかね。
なんかレシピの見立てどおりの顔が出てきてくれた、みたいな作出者としてはグッと
握りこぶしな株ですねえ。昨年秋セール時にワンコたんコーナー(ズバリ500円でしょう)に
たっくさんあったので持ち帰ったんす。この顔、正解でしたね~。

ssq-hawo0103.jpg

ひとっつも入ってないけど、ちょいウィミー系っぽいね。
(でもザリ感がやっぱ違うか~)
毛蟹はマジョール系hyb.ほいで×ピグマエアの子なんだけどね。

☆ マジョール→ウィミーでした! 鈴さんありがとうございます♪

BGM:ヴァレンタイン/Thee Michelle Gun Elephant

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

秋の徒長からすっかり復活エケたちでやんす

02.11 Mon | Category: Echeveria

ssq-eche0061.jpg
Echeveria 'Lola'

今は見栄えが多少良くなってきたローラさん。
秋の長雨の頃に雨ざらしで、エケをことごとくものっっ凄い徒長させてしまった
んですよね~。…恥ずかしながら

ssq-eche0065.jpg

ギャアアアア(||〇Д〇) 
こんなレベルまで行かせてしもたんすぉ~~~これはドイヒー!!

ssq-eche0063.jpg
↑12月ごろ ↓最近  4ヶ月ほどでようやく元のローラに近づきつつあります。ヨカタ。
ssq-eche0060.jpg

ssq-eche0059.jpg
Echeveria agavoides 'Jade Point'

これは元々徒長ぎみでやってきたヤツが、およそ半年かけてターンオーヴァー繰り返し
ここまで見られるようになってきた…って感じですかね。
周りの伸びた葉が取れて、真ん中だけがそのままこの鉢にちょこんと鎮座する姿を
想像したらすっごい収まりよくてイイ感じぃすねぃ´∀`

ssq-eche0068.jpg
Echeveria 'Laulindsa'

いつも思う……これでラウリンゼと読ませたかったらlindsayanaのlindsa「y」まで
入れればいいのになぁ…これじゃ「ラウリンザ」じゃないのんかい…?……と…
これも秋の長雨で外葉がぐずぐずになってすぐ取れてました。。><
段々もんのすごいかわいく育つ予感がしてきたですね~ ていうか今既にかわいいですね~
こういうの見ちゃうとな…エケは控えめにするつもりなのに… 揺らぐなぁぁ。。

ssq-eche0069.jpg
Echeveria 'Sumie'

昨年5月ごろカット苗で来て、発根までになんと4ヶ月…そして同じく秋雨で徒長し
吹いてた子供もいつの間に消失、ビンロビロのボレボレでようやく落ち着き始めた澄江ママ。
エケの中でもこのテの極薄葉系は夏・冬・雨・直射日光全てに弱い気がします…´∀`;

ssq-eche0070.jpg
Graptoveria 'Amethorum'

アメチスチナム×大和錦=アメトルム
…つい最近まで知らなかった´∀`; そっかー片親大和錦だったのか~。大納得なこの色。
purpusorum大和錦の「orum」の部分をそのままぶっこんだんですね。ナイスネーミング。
こいつは約一年前に買ったもの。なのに未だこのサイズて。どーよ゜∀ ゜
梅雨の時期からも~ず~~っとぐずついてた。ようやく最近形らしき形が出来てきた
というか…。。おっかしぃな~大和錦の血が入ってたらもっと強くてもいんでない?
春の色味は最高に好きなので、この3ヶ月で完全復活させたい。

ssq-eche0071.jpg

そして、この子は群生させたい。

BGM:Sumie No Kunie/Sadistic Mika Band

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチア エメラルダ&エメラルダス とかいう姉弟騎士

02.09 Sat | Category: Haworthia

ssq-hawo0111.jpg
Haworthia emeralda

すいやせん、「オズ&オズマ」に似てるな…と…。遡ることSFC、、アロセール大好き…。。
こちら元々シンビフォルミス、暖簾分けでエメラルダになった子。
これがただただシンビに見えるけど、確かに分家するほどにエメラルド…えーつまり、
他のシンビが紅葉・あるいは遮光なしで濃緑になるようなところでも、わりかし
クリアーな緑を保っている子、とでもいいましょうか。

ssq-hawo0110.jpg

大体一枚目の写真の方のような発色で、ちょっと蛍光を感じるまでのポップなグリーン。
シンビの「お野菜感」にオブの透明感が入ったみたいな、侮るなかれの美人さん。
ところでformisはformだけど、cymbiはcymbidiumとかあるけどどゆいみ?と調べたら
「船」だった。シンビ+フォルミスで「船の形の」。ほほう+´ゝ`
ちなみにシンビ+ディウムも「船の形の」。ほほほう´ゞ`

ssq-hawo0113.jpg
Haworthia correcta hyb. 'Emeraldas'

確か、たしかにコレクタ系交配種だったはずなんだけど記事書くために調べたらまぁ~
hitしないでやんの。なぜ。屋上鶴さんで立派な群生株も見かけたけれど…それは避けといて
つつましい方を…(お値段的にも…)で来た、エメラルダス。これが日本作出株なら
当然「クイーン」イメージは避けて通れない…ということでこちらが姉弟騎士の姉の
方認定ということで(勝手にヤッテロ)…なんというか、ピグ×コレっぽくもあるけど
ピグマエア入ってなくてもこれくらいの窓には…ねぇ?^^;
ちょいと半端なんで特徴掴みづらい。。な子ですねえ??

ssq-hawo0112.jpg

最大の特徴は萌えてるときの緑。ホント明るい緑!コレクタ系にしてはベースが明るい。
やはりその辺エメラルダス名をつけるだけはあるなぁ~って風合の色。
明るくてキラキラしてるのに、他のハオに埋もれちゃうような地味顔なんだよね…
主張が少ないのかな? ぐっと「欲しいっ!!」ってなるタイプじゃないんだけど、
手元にあると地味系清楚美人で実はいいんですYO。

☆追記 違った!!今なら言える! エメラルダ&エメラルダスの最大の特徴は
     「紅葉の時期でも緑」なこと!! 周りがどす赤い中、彼らだけは未だ緑だ!

BGM:Theme of Black Knight/崎元仁

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

ハーブ秋場所 その5

02.08 Fri | Category: herb seeding

ssq-cam0002.jpg

秋蒔きハーブ。もっさりもっさり。水切りすぎてチャイブがちょっと厳しい感じに~
このちょろっと細っそいやつね。
寒さでなく、越冬のための乾かしすぎでやっちまうたぁ><
一番みっちみちに生えてるのはコモンマロウ
はやくセルトレーあたりに上げたいんだけど、やっぱり秋蒔きとはいえせめて3月まで
待つべきだよな~…

ssq-cam0003.jpg

今回の主役はカモミール
あの初雪に丸一日埋もれまして。あらかた除けはしたもののあまり丹念に除けようとすると
引っこ抜けちゃうほどまだ根がしっかりしてないので、ずーっと「明るい日陰」の庭で
雪解け待つ間にあーこれは終わるな…と。どっこい

ssq-cam0004.jpg
Camomile German

びっくり!!
カモミールって強く育てると冬にも雪にも耐えるんだね~!!
これは水をかな~り切りぎみに育てた結果。
実は、夏型一年草であるスイートバジルも夏の収穫期の零れ種で芽吹いたやつ、
12月いっぱいくらいまで生きてたんだよね~。
一年草ハーブも育て方次第で結構強くなる。まして昨年春に収穫した種から
吹いた芽がこうがんばってくれると、喜び倍増ですね´∀`♪♪

ssq-cam0001.jpg
Camomile Dyers

ダイヤースの方は多分15本くらい生き残ってる。
上のジャーマンのすぐ隣の区画。え~と、昨年オジギソウが爆発してたとこ´∀`;
ジャーマン、実は元センペル畑;Д;の片隅に生えてるんだけど、せっかくだから
ここにハーブ種ありったけ蒔きまくって、ねずみや猫(通り道)から生き残ったやつを
そのまま育てるってのもありかなぁ…と思ってるんだけど…
畑をつぶして、新たにハオ棚移して、今ハオ棚あるところにハオ実生棚を作りたいな~
というプランもあったりで…ど~しようかな~っと…… 悩みちゅうです┐(*´~`*)┌

BGM:猫が横切った/The Birthday

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

リトープス脱皮…そして真打は大トリに花を咲かすってかィ

02.06 Wed | Category: -Mesembryanthemum-

ssq-lith0023.jpg
Lithops otzeniana C350

前回記事でしっわしわになってたこいつ。潅水して翌日にはぷっくぷくに戻りやした。
さすがやでリトさん。
潅水してもしわが治らなかった組は、もう脱皮の兆候が出ていた、ということで…

ssq-lith0018.jpg
Lithops bromfieldii var. mennellii

脱皮シーズンイン!これは雀卵玉。地元いきつけの園芸店にて。
うずらはわかるけど、雀の卵ってほんとにこうなん?w
他にもたくさん動き始めてるんだけど、新芽撮れるほど裂けてるやつはまだ少ないです´∀`
下の写真は約10日後。このところ不意に気温がぐーんと上がる日があったりで、
たったその1日あっただけでも、これがほんともーびっくりするほど植物が動くんだと知った!
 
違った…「福来玉」の間違いでした…。色似ててどっちも脱皮してるから…

ssq-lith0024.jpg

センペルが5日間で一回り大きくなっててほんと驚かされた…!
ハオも、冬季初潅水のタイミングがちょうどその日の直前だったからもあってか? 
その5日間で見違えるほど紅葉してしまった! ぎょっとした!
去年も思ったけど、植物やってて春を感じたときが一番オラわくわくすっぞ!
「リトープス・元気玉」………w 読みが「げんきぎょく」になっちゃうけど>∀< 
…やっぱりいいね、春は。

ssq-lith0026.jpg
Lithops dorotheae

これは昨年神代植物公園、藤川商店さんで手に入れた株だったかな?
麗虹玉は早くから皺寄ってて、水分不足のたぐいじゃないとわかっていたので
うちリトの中では予想通りの早い脱皮組となりました。
新芽は窓に対しての紋様の割合が、親よりも広い様に見えるけど…これは成長したら
やっぱり同じくらいに収まるのかな?

ssq-lith0025.jpg
Lithops optica 'Rubra'

紅大内玉。こ、これって他のリトより花のシーズン早い…秋の早いうちに…
じゃぁなかったっけ……? なぜか他のリトがみんな花しおれて久しい時期に、
花芽があがってきた。花までピンク、それは開花速報出したいくらい楽しみw
なんだけどなぜ。うちリト変化球多すぎ。。
前回記事で次回予告´皿`してた株については次のリト記事で~。
そいつも多分に変化球持ちでございやす><

BGM:膨らんできちゃった/椎名林檎

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

【ハオ】これは「bolusiiの」Graaff-Reinetだよね?

02.05 Tue | Category: Haworthia

ssq-hawo0108.jpg
Haworthia bolusii Graaff-Reinet

ついてた札「Graff-Reinet」 ×
ネットで'もしかして'がついて出た「Graaf-Reinet」 ×
正解◎は「Graaff-Reinet」でした。。
南アフリカは東ケープ州の都市。バン・デル・グラーフ&ライネ夫妻の名が元。
バン・デルいうくらいだからオランダの植民地だったんかいな? …読み正解でした。
まぁ恐らくCamdeboo国立公園の中に生えてるのだろうと思われます。。
違うかなぁ? 国立公園の植物って許可とかとれば売買できるんかな??
で、この子なんすが、札には肝心の種小名がついてなかったんです。。

ssq-hawo0109.jpg

「haworthia graaff reinet」で素直に調べるとマルミアナがひっかかる。
でも絶対違う。んでタグ追加「race」でようやくボルシーだろうとの結論に至りました。
それで引っかかるみなさまん家の子は、こうシャワーッ!系よりもっとボワッボッワなボルシー
なんですが…同じ産地でもこんなに差が…? それともこれからこの子もボワッとなる…??
でも、この子は葉先まで詰まって透明で、美形・繊細なレースハオですよね。

ssq-hawo0107.jpg

若干葉が扁平気味なのも…やっぱボルシーですよね~。
これはこの美しさをキープしたまま大株にしたてたい!
パリッとさせちゃうのはもったいないんで、夏場に気をつけよっ(昨年は余裕だったけど)。

☆「reginaの」である可能性が高まりました。akichloさんありがとうございます♪

BGM:Perhaps,Perhaps,Perhaps/CAKE

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

センペル お、おひっ…お引越しぃ…

02.04 Mon | Category: Sempervivum / Jovibarba

ssq-semp0023.jpg

札がなければただの白雪の写真~ …これ、センペル畑なんですけどね。

ssq-semp0024.jpg

雪、除けてみるとこんな感じに…´∀`;
ベランダで実験してたセンペル鉢に屋根から雪崩(いつもはもっと手前に落ちるのに~)
→1Fサンルームの屋根に鉢が落ち、屋根にヒビ→実験の三鉢の中身がどれがどれやら
実験、強制終了当然、ヒビの件は怒られた……。。
てなことがあり、がっかりついでに畑のも掘り上げてしまったのでした。
どっちにしろ、凍った雪に株がくっついて、雪除けようとするだけで
掘り上げられちゃうし´∀`; 雪融けに時間かかりそうだったし><
融けたら融けたでまた猫に蹴散らされるし……。。 う~ん、潮時でしたね。
んものっっ凄い指先痛くて声出しながら掘り上げましたw へろへろ~

ssq-semp0027.jpg
Sempervivum 'Pink Pearl'

上げたのちに弱っちゃった株もちらほら。でもその辺は覚悟の上で。しょうがない。。
夏もだけど、センペルは大株からやられてくモンですなぁ。

ssq-semp0025.jpg
ベランダ置き

実験、結局三鉢の差は大差つかないままの終了になってしまいました。。
が、庭・地植えVSベランダ・鉢植えに関しては、育ち紅葉も結局日照微妙地植えよりも
日照最高なベランダ鉢植えの方が勝ってしまった
ので、ぶちまきついでに
畑のも掘りあげちゃおうとついに決心がついたわけです;Д;
育ちの違いは、株の葉の枚数で察してください…><
センペルは日当たりと通気性>地植えのアドバンテージィィッ!!!

畑の    Sempervivum 'Shang-Hai Rose'
ssq-semp0026.jpg

センペルやってて、中途半端な紅葉なんて一番避けたいところじゃないですか´Д`
なので春に向けて… …仕方ないですね。。
…ててっ、今観てる「ぶらり途中下車の旅」がガチの最寄駅に降りたのでフイタww
石丸さんキターーのかーーーー!!記事は土曜に書きました~´ω`
今まで生で見た芸能人で一番なんか衝撃だったのは、「前回WBC、東京ドーム、人ごみを
掻き分け目の前1mの距離を横切ったちょっと不機嫌そうな林家ペー」かな~…
…話急に変わってすいません´∀`;

BGM:Falling Down/Oasis

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチア ミラビリスからの~バックスター交配

02.02 Sat | Category: Haworthia

ssq-hawo0092.jpg
Haworthia mirabilis (MI-12)

ミラビリス。池袋屋上で去年半ばくらいにワンコインげと。
MI-12という札しかなかったんだけど、まぁミラビリスのナンバー12的な。だろうなと。
ミラビリスって一口には言えないくらいタイプ多いですよね。
このザラピカタイプ以外にもツルテカ・マット&ダル…葉の幅も狭~広各種ありぃので
var.にはノギっこ、特にパラドクサがいいっ。パラドクサだけで3鉢くらい欲しい。
…ミラビリス、個人的にはベーシックなこのくらいの葉の幅が好きかな。

ssq-hawo0096.jpg
Haworthia (major×correcta)×'Back Star'

ほいでこれはミラビリス交配種バック・スターを用いた交配株。
(このバック・スターってのがまたカッコいいんだ)
透明感あふれる艶窓! そう、吉田園芸部さんの苗でございますよ!
窓のラインがだいたいきっかり三本ずつ出ているところが素晴らしいですよね~><
うちハオの中でベストテンに入るお気に入り株です。
全体的にバック・スターよりも柔らかな印象ですね。裏窓もおとなしい。
おかげでかわいらしさを増している。たまりません。

ssq-hawo0093.jpg

こうして比較してみるとやはり血は争えませんなぁ~

ssq-hawo0095.jpg

似てますな。
どうしてもジャンルとして大人しめに感じるミラビリスだけど、実は特徴的だし、
スマートでかっこいいですよね。いろんなタイプ集めてこっそり盛り上げて行きたいな´ω`

ssq-hawo0097.jpg

葉もツルッ ザラピカッとしててどちらもいい感じです。
でも一目でバック・スター交配種の方がやはり繊細…交配種だなとわかりますね。
ハオは多肉の中でも特に、交配種の繊細さと原種の野放図な空気のコントラストが
楽しめるように思います。こうしてついつい並べたくなっちゃいますね´∀`

ssq-hawo0098.jpg

BGM:Need To Understand/Lettuce

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。