スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・うち棚ハオルチア・オブ・ザ・イヤー

12.31 Mon | Category: Haworthia

本年ラスト記事です。来年もどうぞ当ブログをご贔屓に…♪ 
宜しくお願い申し上げます♪♪ ´∀`+


さて、わたくしボタニカルーキーですが、
今年一年でちょこちょこ集めたハオルチアたち…
その中で、新人なりの感性でベスト3を選出致しました~。
これ見ると、どうも今の気分はクリアー推しのようだね。
今年のうちハオ総決算記事! ごじまんの3株! 
ご高覧くださいませませ~。

☆No.1☆
ssq-hawo0001.jpg
Haworthia correcta×'Blue Haze'

吉田園芸部産。
ショップの写真より実物は一回り美しかった。
梱包解いて姿見た瞬間、思わず息をのんだね。
もー、これが棚にあるわたし、実質勝ち組・強者・エースストライカー・
ハオルチアーノ・ロナウドと呼んでくれ思ったもん(まじでか。)

ブルーヘイズコンピクなわけだけど、ここまでピクタ肌が出ている
やつってそうそうなくない? なくなくない?(オザケンはパパに、BOSEくんは
ご結婚おめでとー☆←しかもあやまんの人と)

わりとつるっとしたものが多い印象。
でも、この子ったら。まぁ~ピクついてますね。

ssq-hawo0002.jpg

そしてブルーヘイズよりもブルー感が強いブルー肌。
うううん…やっぱりこれ持ってるおれ様勝ち組…。
特筆すべきは、多くの多肉植物は自然光の下にあって美しさを発揮
するものなのに、こやつは直射だと真価を発揮できないということ。
明るい日影~果ては蛍光灯の元でこそ、少し暗澹としたブルーが
浮いてくる。ピカピカなのに妙な落ち着きと底知れぬ懐を感じる、
素敵株。

ちなみに、下が(ピント変だけど)自然光の元で撮ったのね。

ssq-hawo0004.jpg

あれ? 違いわからない?? 直に見ると一目瞭ぜ…ん~~~まぁ、
これでも美しく見えるし、伝わらんくてもいいっかww

ssq-hawo0003.jpg

ということでコレクタ×ブルーヘイズ、この子が2012グランプリを受賞
致しました。この親株のブルーヘイズが超優良株であることが
ビシビシ感じられますね~。選出者がコレクタびいきなのも一因。
でも、それ抜きでもこれは…良いでしょう?

☆追記 領収書見て驚愕。。「コレクタ×ブルーレイク」だった。。。
    ショップオープン時にしかリスト見られないから、
    あの時見た字面から歪曲して覚えてた。思い込みって怖い。。


☆No.2☆
ssq-hawo0005.jpg
Haworthia atrofuska×staineri

この株見ると、冨田ラボfeat.キリンジの「Etoile」という曲を思い出す。
やわらかさ・しなやかさ・清廉と洗練・鍛え上げられた筋肉。
「美しい獣」を歌ったバレリーナの曲なんですけど。

池袋屋上にて購入。
すっかり緑色になっちまいました。これはこれで美しい。
でもまた紫がかった姿がそろそろ見たい。ちな外した子株は未だに
紫…なぜ。

ssq-hawo0013.jpg

これが数ヶ月前のこの人。

スタイネリーのように細く尖った葉のハオは、なかなか先端まで
プリッとちゅるんとなってくれなくて大概は中途半端に先だけ
撚れてるものが多いんだけど… この株はアトロフスカの形状が
手伝って、スタイネリーのその美しい葉先と色味と透け感が、
ワイド葉ながら感じられるような気がする。
と、前に紹介したときにも書いたな。。

ssq-hawo0006.jpg

ハオ始めて以来、「これだ!」と初めて100で思った株だったな。
緑に、白いアウトライン入ってるところがまた素晴らしい。

ssq-hawo0007.jpg

造形美って言葉がピッタリだね。
ということでアトロフスカ×スタイネリー、これが本年度準グランプリに
決定~。



☆No.3☆
ssq-hawo0008.jpg
Haworthia transiens Oshoek Joubertina 03-70 DVB7077

transinensの意味はなんと「儚さ」「つかの間の」。
ふおぉ~なかなかに情緒感で名づけられてますね~
本当に儚い性質だから(枯れやすい)名づけたとは思えないので。。
ナチュラルボーンでこの美しさなところが凄くない?

ssq-hawo0010.jpg

ちゃんと日に当てれば赤白い枯葉色に変化するはずなんですけど
ね~うちではずーっと緑色。
これがスタイネリー的なツンツンさ、カガエンシス的な長細い丸、
ノギのあるやつまでおる。
様々な産地があるけれど、産地別に姿がはっきり違うのかはわからん
(私は)。 ハオはひと丘越えれば姿ががらりと変わることも…なんて
いいますからね~。 トランシエンスひとつとってもこれだけ種類が
あるとはね~。

オークションでお気に入りの出品者さまからげと。
原種はかなりの確率でデータつきの、ありがたい方から。

ssq-hawo0009.jpg

ほら。シンプル・イズ・ベストの体現者たる存在感、佇まい。
自然でコレは、強いね~。。ということで、
トランシエンス、これが本年度うちハオ第三位に決定~。


☆オマケ☆
ssq-hawo0011.jpg
Haworthia variegata v.modesta E.Bredasdorp

これは来年に期待株。このスタッズだらけのパンクスみたいな
トッゲトゲ姿とダークカラーがたまらなくかっこいい!
(て、今は真緑なんだけど)
厳つい姿でこのまま大株になってくれたら、来年は上位食い込み
間違いなし!

トゲ~ノギ~ハオの中ではモデスタが今は一番好きかも…。
Sっ気むんむんなこの姿。
同じSとしては感じ入るものがあります(ええええ)


ssq-hawo0012.jpg

ちなみに。今回紹介した株の中で一番高かったのは意外や意外、
このモデスタ。つまり上の3株はわたしがよそ様んとこで見かけたら
歯ぎしり級のお値打ち価か… いや、なんでもないのよ。ウッフフフフ´∀`
来年も、ハオマニ街道をアウトバーン仕様で爆走いたしまっす♪♪ 
ブログもちょい変化するよ。
みなさまよいお年を~♪´∀`ノ

BGM:Solid Gold Easy Action/T.Rex

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

エケベリア・チェンジアップ記事

12.29 Sat | Category: Echeveria

この株はおもしろいっ!

ssq-eche0009.jpg

ピンクのアウトライン、ヴァイオレットのインライン。
そして青みがかった緑色の葉。
おお~なかなかに珍しいデザインの
エケベリアですね~。

…って、違うんですよ。

ssq-eche0008.jpg

ちょい外の葉を見るとこの通り。
ハイ、やらかした株です。
凍らせちゃいました。

これはエケベリアの白鳳なんですけどね。

ssq-eche0005.jpg
Echeveria 'Hakuhou'

これがビフォー株。
秋の長雨の時に葉が開いて以来、水切っても
開きっぱなしで少々間抜けなお姿。

さてさて~ご覧あれ、ビフォーアフター
どちらの株が美しい?

ssq-eche0006.jpg
Before

After
ssq-eche0007.jpg

…外葉の黄変を含め、アフターのカラーリング
ビフォーのピチピチ感
を併せ持った株があったら一躍ECV界の
神セブンに選抜されそうな気がするんだけど。。
意外と、よれよれのaf鳳er株も悪くなく、そのままにしちゃって
いるわたくしです。。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

乙女系ユーフォ姉妹(見た目が・名前が)

12.28 Fri | Category: Euphorbia

ssq-euph0002.jpg
Euphorbiamammillaris variegata

なんつって~(記事タイ)ユーフォは雄雌はっきりしてるから、これで
雄だったら今後オカマ扱いになりかねないので姉妹とか言わないほう
が身のためですが。。

あら~めんこいの~´∀`
白樺キリン。submammillaris姫キリンは持っているけども、肝心の
すっぴんmammillaris亀甲キリン(鱗宝)だけは持っていないという。
エケベリアの大和系の大和だけは持ってないのと同じパターン^^;
(みんなもそうだよね~)
ヴァリエガータにお株を奪われたすっぴん、悲し。。南アフリカ原産

ssq-euph0001.jpg

しらかんば姉さんは、柱状ユーフォの中でも一番乙女チックだと思い
ます~  ときどき、とげ。 なところが益々女っぽいよね。
(いつもトゲだろ女は~とかゆわないゆわない)

思いのほか大暴れしたり、つぼみまでが紅葉したりと見所のある種
だね。うちのはまだ整然としてるけど、うちはユーフォ=カオス推奨
ですから型崩れ全然オッケー。むしろ期待。

ssq-euph0003.jpg

なんか大衆剣劇のカラーリングって感じしない?
あ、浅香光代より早乙女なんたら君の方でお願いいたしたいですが。

あとどんなもんで開花するかな~瑠璃晃の例もあるしな~で
まだまだ先だと思っておきます。
雌でありますように(笑)

ssq-euph0004.jpg
Euphorbia submammillaris

こちら姫キリン~。
巷の姫を見ていると、わりかし上に伸び~のからの~群生し~の、
トツギーノなイメージなんですがうちのは低身長で群生に逸っている
感じの乙女。群れたいのは乙女の心理よ。(わたくし、群れてる乙女
めんどくさくてキライですけど。姦しいとはよくできた漢字だ)

異種(不死鳥錦)まで引き連れて大所帯。に
これからなる…のか…?
いや、まぁ~不死鳥錦には良き所でご退出頂きますけど。

ssq-euph0005.jpg

この謎のニョっきん器官(不勉強)、白樺ねえさんにも現れたり
するのだろうか? ただの矮性種ではなく、似たようなラインだから
subあるいは姫と名づけられただけだろうか?

うむ…調べに出なくてはの(調べてから記事にすれっ)。

ところで、前に「ユーフォは頭数減らして、お気に入りだけを栽培しない
と場所が…」…な~んて言っとりましたが。
改めて、減らすなんて無理っ!と最近つくづく思います。
ユーフォはいい。
あれこれ手出ししてみたものの、最近ハオ・センペル・ユーフォに
結局原点回帰(+グリノ)しつつあり、自分で笑えます。
突き詰めていくと、彼らの姿が主張ありつつどこか慎ましやかで、
やっぱり好きなんよ。
エケとかもいいけど、あれは華がありすぎる。この感じ、わかるかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピンクのリトープス(はぁと)

12.25 Tue | Category: -Mesembryanthemum-

ssq-lith0002.jpg
Lithops optica 'Rubra'

みんな大好き!紅大内玉!
かさまに蹴散らされ超絶頭数減りました゜Д゜が、実生もあります~
(こちらの記録はそろそろ記事にせにゃ~)

目下リトの普及種組では、大津絵と人気No.1を争う種では?
期せずしてちょう~どハート型の伸び具合に。きゃわわわ~*´∀`人*

ssq-lith0003.jpg

こいつのダメ押しきゃわわポイントは、つぼみまでがピンクであること。
(下ネタじゃありませんよ。←言わなきゃいいのに)
リトっ花のつぼみは茶色ばかりだから(ほら、言っちゃったから)
余計に特別感が増すよね。

うちのは窓にガラなし~。
ガラもんなのになくても残念な感じがしないのは、リトではこの種くらい
じゃ?

ssq-lith0001.jpg

寄ってみると、窓以外は細か~い白いドットで埋め尽くされています。
フゥッ~!
どこまで完璧にかわいこちゃんなんですかあーたは!

あまりにもこの紅さんが目立ちすぎてて、そーいや今調べるまで
肝心のRubra、大内玉がどんなんか知らなかったよ。
本家は、アイボリーです。ヤツも思いのほかかわいいいい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチア ルナオブ

12.24 Mon | Category: Haworthia

ssq-hawo0028.jpg
Haworthia 'Luna'×OB1

女性のアレに関連する商品に「ルナ」名が多いのは「月のもの」
だから…だよな~ 今日はハオルチア ルナ。のオブ交配です。
ルナ~と聞くとど真ん中世代としては自動的にアルテミスも思い出すん
ですが、ハオにアルテミス名はないのか? と調べてみたらあった。
しかもお値段160000円なり。。。。。一桁お間違えでない? 
…ない。

ssq-hawo0029.jpg

ルナはglobosiflora×cooperiでグロボシフロラ系の銘。
吉田さんとこからもいっこルナ交配げとしたので、そちらの子と一緒に
今度はルナ自体を載せようかな~
扁平気味なルナの葉から、オブツ兄さんの血で丸まったこの子の顔。

ssq-hawo0030.jpg

ちょぼノギの入り方が単なるオブに非ず、やっぱりルナの配列。かな?
…以外は、「きれいで只者でないオブ」ということはわかるけど、
ルナとはきっとわからないだろうな~
(わたしがわからんだけ?いやいやいや…)。

うちハオの中で一番妖精さんの住まいなんだけど。
二度言うよ。うちハオの中で一番(ry
わたしは決してドリーマーじゃないんだけど、これは言わずに
いられんかった。

なぜホーリーナイにこの株選んだかって、ほらイルミネーションみたい
だかられすよ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ 

【RMX】エケ・魅惑の宵の紅葉と絞り数ヶ月。

12.23 Sun | Category: Echeveria

うちじゃサルマ・ハエックと呼んでいるw魅惑の宵。
初回記事の時よりも前の写真も足してさくっとRMX~。
四季折々の変化>皿<をお楽しみください~♪

~4月~
ssq-eche0043.jpg

~7月~
ssq-eche0044.jpg
Echeveria 'Miwaku No Yoi'

~10月~
ssq-eche0051.jpg

~11月~
ssq-eche0047.jpg

ssq-eche0046.jpg

~12月~
ssq-eche0048.jpg

ssq-eche0049.jpg

また4月まで一年の動きを撮り続けてみようと思いま~す´∀`

ブログランキング・にほんブログ村へ

アエオニウム・ヒエロエンセ??

12.22 Sat | Category: Greenovia / Aeonium

ssq-aeo0001.jpg
Aeonium sff.holochrysum ex EL Hierro

ヒエロエンセと銘打って紹介してたサイトはほとんど無かったけれど、
まぁどうせそういうことなのだし。
と、うちではヒエロエンセとしておく。

アエオニウム。
母音が連なる名称はギリシャ系のイメージなんだけど、あの辺の出
ではない…よなぁ。エル ヒエロやらカナリエンセだしなぁ…
やっぱスペイン界隈メインなんかなあ…と思てたら「地中海地方にも
分布」…あるかもΣ゜∀゜いぁ…ないだろ… 
そういやアエオ以外の多肉もだけど、そもそもの属名の由来って
ほとんど知らないや。。

この子はなかなかにダルトーン。
アエオはわりかし明るかろうが暗かろうが、濁らない色のものが
多いのでこれはちょい珍しいのではなかろうか。

ssq-aeo0003.jpg

この通り、しっかり幹立ち型でございやす。
アエオさんは基本的に群生コースなので、もう何年もほったらかし
にして育てることでしょう。冬場はビニ棚最上段で、日照を確保
しつつの保温管理です。アエオは真夏と真冬に弱いイメージがある
ので、エケみたいに冒険はできないや。

ssq-aeo0002.jpg
ちょいノギっ。

アエオニウムもセンペルやオロスタキス同様、ロゼットの中心が
伸びて開花して、花後にその枝が枯れるタイプのmonoなんたらいう
アレのようです。知らなかった……ってことはグリーノビアもか!
やべ!…
早く群生してもらわねば、注ぎ足し注ぎ足しの秘伝のタレのごとく
永代栽培できないではないか!

ねーほんとね。植物相手に珍しく、
「花よ咲くな」の一念で育てたくなるよね。

ssq-aeo0004.jpg
Aeonium 'Kurohoushi'

ついでに黒法師様を。
多肉好きじゃなくてもオサレなボーイズエンガールズのお宅に
観葉として植わってる印象。
黒法師こそ群生させないとしょぼい印象だよねぇ~

…はぁ。こうして記事にしちゃうとなぁ…
こないだ池袋屋上で「まだら黒法師」たくさん見かけたけど、まぁ
いつでも出会えば手に入る子だしぃ~とスルーしたのが…また
欲しくなってくる(スミシー然り)。
一番欲しいアエオはサンシモンバイオレットなんだけど、これはいつ見ても高騰。う~ん、ゆっくりやってくしかないですね~ 
うちではグリーノビアのサブカテゴリだしw´~`

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハオルチア メアリはビジンのシンビ

12.20 Thu | Category: Haworthia

ssq-hawo0016.jpg
Haworthia meari

だるまスターなんつ肉っ気たっぷりブサハオ記事をこの頃書いたので
今回は美人のころ肉ハオで~♪ おシンビちゃんですよ(はぁと)´∀`

Maryでメアリかと思いきやどっこいmeariのメアリさん。
旧名シンビフォルミス ホーソンズポートも意外なスペル
howiesons poort。 これも例のアフリカーンス語ですかね?
他のナンタラpoortも見かけるので、やはり港のportが元になった
言葉かな~? こうこなくっちゃ系パーフェクトシンビじゃないです
か~この質感・量感・展開。

ssq-hawo0015.jpg

最近自分の棚でハオ選抜を7~8選ぶとしたらどれだろう?
と考えることがあります。実際見る時間があまりないので、
脳内で思い出しつつの妄想選抜(主に通勤時のお楽しみw)ですが。
思い巡る度に必ずレモータや~トランシエンスや~このメアリや~が
ご登場あそばす。 どうしてもシンビを一本は入れたいらしいです。
やっぱりジャンルとしてのハオに、シンビは欠かせない!と思います。

ssq-hawo0014.jpg

なんつーかなーハオ界の緩衝材というか中和剤というか。
生ける人工的芸術品のオンパレードになりつつあるハオの中に
あって、 いつまでたっても野菜な感じが抜けないところがいいと
いうか。 もちろん決して前者を否定するものではないけど、
あらゆる進化する「道」において やっぱりプリミティブなもの
って強い魅力があると思うのよ。。とかなんとか。

なにかっつと、いなたいお肉、めんごぐね、って話
なんですがね´∀`
ああ、冬真っ盛り。。紹介できる種類が少なくなって、ますます
ハオ記事が増えていく… ……そしてますますハオに乗っていく
自分がいる…… たまらないやぁ(ダブルミーニング)♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

アドロミスクス⇒この質感んん!!

12.19 Wed | Category: -Crassulaceae-

ssq-adro0001.jpg
Adromischus geyerii ?

ついにカテゴリ立てたった~´∀`うちにいくつかあるアドロミスクス。
ゲイエリー名で入手したものの、ぐぐさん0hit。wha!?
まぁ名前から想像できるのは、Geyer(ゲイヤー)さん発見のゲイエリー
かな~というくらいで。。その内既存の種類と同定できたら表記変えると
思いまっする。
ん~Gayerさん…ドイツ系かな? てかそもそもスペルすら合ってないかも^^;

ssq-adro0002.jpg

まぁアドロに限らず、「成長点が真ん中」にある植物は内側(新葉)から外側
(古葉)にかけて色味が変わっていくものが多いのですが、アドロはロゼット
でないために、それが一つ一つの丸っこい葉丸ごとに表れ、外に向かうにつれて
色が濃く移り変わっていくんですよね。(あれ?わかりづら、文章ヘタだわ)
そこがおもしろい。

ssq-adro0003.jpg

ゲイエリー、まん丸型ではなくちょい筒型。
渋い肌色・でこぼこ肌、それぞれアドロには多い特徴だけど、合わさるとまぁ
大人顔の素敵なお肉。
アドロは葉ざしでぽっこぽこらしいんで、春には長者目指してもぎります…
ていうか取れやすいんで、既に自然に落ちてるやつありますw

ssq-adro0004.jpg

オマケ…
これっぽいなと思ったので。

ssq-adro0005.jpg
Crassula golum

ゴーラム。
あ、これ花月のcv.だったんだ…
寄せ植えて、今や増えすぎたセダムが根元のマルチングになっちゃって、
寒風最前線に裸で置いても生きてます。セダムは死んでますw 
日当たりいいので、素敵に紅葉。
相変わらず、筒の先がリカちゃん人形の鼻の穴にしか見えず、幼少期からの
「こ…これじゃ窒息しちゃうよう…」という粟立ちを蘇らせる。
キモイ。けど良し。

ブログランキング・にほんブログ村へ

拙者、多肉葉尾国の黒武者で御座る。

12.15 Sat | Category: Haworthia

ssq-hawo0116.jpg

成長期&寒くなる前に撮ったから、色がこんな感じなんだな~
寄ってみるとそうまだ黒くないですね。
はい、ハオルチア「黒武者」です。

ssq-hawo0115.jpg
Haworthia dimorpha hyb. 'Kuromusha'

が、引いてみると十分黒いですね。
これでもまだポテンシャルから言って7割くらいの黒さ発揮(というと物凄く
セルフコントロールの利く極悪人みたいだが)なんですが~
これからまた黒く染まっていくでしょう。
カキコ苗だからまだまだちびっ。ですが、マイファースト真っ黒ハオなので
載せちゃいやしたぁ´∀`
成長記録としてもね、今後の比較のためにね~

ssq-hawo0114.jpg

ディモルファhyb.なわけだけども、鬼武者と黒系ハオ(ブラックレディー
ブラックダイヤモンドとか?)の交配あたりかな?
どうもググてもパッと交配親がわからず…
スプレンデンスよりレツーサ顔のような気がするのでダイヤの方かな~
というかディモルファの顔の方がなりを潜めているような。ディモルファ交配の銘なのに。
鬼武者が既にディモルファhyb.だから大分薄まっちゃってるのか? いや、しかしそもそも
黒武者だって一代交配なのかもしれないし。む~でもこの薄まり具合は、鬼武者からの
二代目のような気がしな~いでもな~いのだが~… …………なんだろね?

このままゆかりが判らねば、お武家ではなく、素浪人キャラ扱いで御座る(笑)
鬼姫とセットなら修羅、古都姫とセットならお公家の姫と身分違いのロマンスか…
さて、実現・紹介できるのはどっちが先か?w

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

瑠璃・ユーフォルビア・晃さんに当確の花。

12.12 Wed | Category: Euphorbia

ssq-euph0029.jpg
Euphorbia susannae

ユーフォの瑠璃晃さんがそろそろ咲きそう…なのか咲いているのか。
ここんとこ都合により日光に当てる時間が短かった(数日おき)ため、
花が咲ききっていないのかもしれません。

ssq-euph0028.jpg

調べても雄花・雌花がわからない…とは言いましたが~
このぴょこっと出ているもの。雌しべじゃぁありやせんか?花粉ないし!
つうことでこの株は雌株! …と思っておきます。

ssq-euph0030.jpg

るりこうるりあきら。
宝塚っぽいと言ったけどまぁフツーに男の名前としても(苗字特殊
だけど)あるっちゃある。

これでおなご、宝塚の花組男役スター設定が(ほぼ)確定しました。
つがい、運よく揃うかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ

【ハーブ】フォックスリータイム&アロマティカス

12.07 Fri | Category: more herb

ssq-herb0002.jpg
Foxley thyme

見栄えがよいタイムの代表格!? フォックスリータイムです。
斑入り葉で香りもよく、小花もきれい。人気なのも頷けます。

いつの間にか誰かにひっくり返され、無残な姿になっていましたが難なく越冬モード。
タイムは乾燥ぎみ・十分な日照さえあれば楽々!ローズマリーと共にほっぽらかしで
すくすく育っています。クリーピングタイム(地植え中)と共に観賞用としては
人気のタイムでは?

ssq-herb0001.jpg

香りも育て方もタイムらしいタイムという感じ。
ネットでフォックスリーセージの記述を見かけて、あるんか?聞いた事ないけど?
と思ってもいっちょ調べたらどーもないくさい。その人タイムと間違えたんかな~
ちぇっ´з`(ちょっと期待したのにっ)

タイムは夏に密かにいっぱいダメにしてるんで(なんと三種類…orz 
徹底的に我が家の庭は湿潤。。)来年はリトライしたい…けれどもうベランダに
スペースがない…ふぉぅ~ジレンマー。

ssq-herb0004.jpg
Plectranthus amboinicus

「アロマティカス」という商品名?で売られているもの。
ハーブ好きにはそちらの名が、多肉好きにはアンボイニクスの名が通るかな?
鈴さんからの頂き物です~(毎度ありがとうございますっ*^^*)
他にもシソタニちゃん頂いちゃいました♪ もさっと増殖中~

タイムと同じシソ科ということで一緒に紹介。
でも、香りはタイムよりもシソ!って感じしますよ~
案外ちゃんと料理に使ってる猛者もいるんですね…わたしはあまり勇気が出ませんが´∀`;
ま、アイスプラントみたいな扱いで食べたらいけるかな~…

ssq-herb0003.jpg

なんて思って軽く調べたらアイスプラント=学名Mesembryanthemum crystallinum………
メ、メセンですとぉ!!
…ま、まぁ…あの変態的質感、メセンと言われてむしろ腑に落ちるのですが…
「メタボに利く野菜・アイスプラント」…へ、へぇ…メセン食って脂肪落とせるんか…゜∀゜;

話が逸れた。。
アロマティカスはビロードのような微毛を纏った見た目やわらか葉っぱ。
これが、実際目にしてみると写真ほど柔らかくはない。結構しっかりした、しなることのない
多肉質の葉だったりする。
最初ハーブとして知ったので、未だに自分の中では多肉よりもハーブ。
シソ科多肉ちゃんってわたしの中ではず~っとそうかもなー… 
挿し穂頂いてすぐの根付きだったし、育てやすいと思いますよ~^∀^ノ

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

安いうまい早い!ハオルチア(あの、意味が…)

12.04 Tue | Category: Haworthia

ssq-hawo0137.jpg
Haworthia 'Daruma Star'

思うにダルマ宝草×オブスター(オブツーサ×ベヌスタ)?
特徴的には当てはまってるので9割の確率で勝手にそうだろうと思ってる。。
お店でパッとつけた園芸名なのかも…ネットでhitしないので。
地味系で決して美しいとは言えないけれど、なんとも「肉×草!!」って感じがして
結構好きなんです。

ssq-hawo0138.jpg

プィ~~ンと漂うこのB級感。
成長早めかな?ぶっさいくに横臥してほしい系ですね。
だるだるに皮余してるエレファント系ハオになることを期待!w
巨オブのエンペラーよりも大きくなるかしら?
右も左もわからん時に買ったハオだったけど、今なら「300円までなら出す」って
感じだな…´~` ちな500円です。300円。なんか納得できるでしょ(笑)

ssq-hawo0136.jpg

でも、葉先だけピックアップして見ると、ちょっと美しく見えるという´ω`
わ、わたしの育て方が悪いのか? いや!ちが!

軽んじたこと言ってますけど、わたくしブサハオも好きですよ~♪
エケやセンペルは許さん!
エケ・センペル・グリノ→美形一択
ハオ・リト→ぶすも可(物によりむしろぶす推奨)
ユーフォルビア→禍々しく育っておくれ ……これがわたしの栽培目標です(笑)

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

【ハオルチア】癒される記事(わたしが)

12.02 Sun | Category: Haworthia

ssq-hawo0061.jpg
Haworthia 'Arabadhia'×'Daiginjyou'

名をアルファベットに変えるとき、「jyo」だろうか「jyou」だろうか…
アラバディア×大銀城です。
どおーですか美しかろ!! ><
うちのトップ写真に使っているハオはこの子です。(☆以前。)

ssq-hawo0062.jpg

大銀城がアラバディアに寄ったという感じの姿ですよね~
若干大銀城のノギが残っているところがかわいい。

アラバディアは「荒張バディア」、大銀城はウィミー系。
そのうちウィミー系の色味が不意に現れたりあるかしら??
ここまでバディアに寄ってるとないかなー 美すぃのでモーマンタイですが´ρ`

この子をはじめ、吉田さんとこのハオはグレーズコーティングされてる
みたいにツヤピカな子が多いです。
光の下で寄り寄りで見てみると、シャンデリアみたいな輝きを放ちます。
はぁ~ビバノンノン *´Д`* 見てるだけで、冬場の長湯ばりに癒されるわぁ~~

ssq-hawo0060.jpg

葉が外に反るハオも数ありますが、ここまでドームになるのはそんなにないぞ?
(横から撮った写真がないという凡ミス)
こうしてステキっ子を手に入れると、その親も欲しくなる>< 
アラバディアも大銀城も、非常に好みで困る罠´∀`;

ブログランキング・にほんブログ村へ

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。