スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポロリあるよ!! ユーフォルビア(はぁと)

11.28 Wed | Category: Euphorbia

ssq-euph0041.jpg
Euphorbia debilispina

なんかまたも記事が中身無いくせに長っちりになりつつあるので、反省して
すっきりめにしてこっと´∀`;
今回はユーフォ、デビリスピナです。
普通の人から見れば完全にサボテンですよね~。
段々と木質化していく柱ユーフォで、一本一本の付け根が結構脆く、簡単に
ポロッと取れてしまいますました。
葉挿しが出来るようなので、一応チャレンジ中…でももう冬だからな~無理かな~´∀`

ssq-euph0042.jpg

デビリスピナは「弱い+トゲ」を表す合成種小名だったっけな?
まぁ見ての通りユーフォとしては弱いトゲ。
でも刺さるとユーフォとしては結構痛いトゲ;Д;
細くて柔らかいからこそ、簡単に皮膚を通ってしまうんですよね。
形だけ見ればちょいとフェルニアっぽいよね。
でももちろんガガイモのようにどどーんとした花が咲くわけでなく、実にユーフォらしい
慎ましやかな(といえば聞こえがいいが、超絶地味な)黄花が咲くようです。

ssq-euph0043.jpg

タコモノではないけれど、奔放に伸ばしたらそれなりの姿になってくれそう。
なんたって木質化するからね。来年の夏あたりにもう一化けを期待し、
ある程度育ったらマナストーンへ持っていって怪物系ユーフォ(ダーク系)に
クラスチェンジしてもらおうと思います。(古っ!!)

☆ ちなみにこの記事の頃ポロリした葉、3ヶ月後もピンピンでそのまま。
   発根してないけど。冬場なのに。すごいね。

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

【ドッペルゲンガー!?】ハオルチア

11.27 Tue | Category: Haworthia

68hawo029.jpg

song for you シオノギです。
このテのノギが水切れてシオシオになってると頭の中に
「シオノギ製薬」が浮かんできます。とりとこです。
(きっとどこぞで既出ネタ)

こないだのボルビバ、だいぶ水吸ってきました。
おかげさまでこんなん。

68hawo027.jpg
Haworthia bolusii×semiviva 
68hawo30.jpg
                                      
ね。ふくらみましたね~。下のを記事にしたのは一ヶ月ほど前だったか?
おかげさまで秋を「回復」に使い切ることなく、成長が見込めそうです。
(とはいえ、下のシオノギの方が「ボル」であり「ビバ」って感じで、
 それも好きなんだけどね)

68hawo028.jpg

今回のお題ハオは下の子。

69hawo013.jpg
Haworthia 'Hayashi B×letusa'

ドッペルゲンガーは外国の妖怪?妖精?で、自分と100%クリソツな姿をして
目の前に現れるっつーやつですね。例の「自分とそっくりなヤツ3人に遭ったら死ぬ」
的な迷信のアレです(すンげー適当な)。

見た目に地味で、この交配でなければお持ち帰りしなかった子。
「B型ハヤシ×レツーサ交配」。
ハイ、出オチなので掻い摘んでいきましょう。

わたし自身がB型のハヤシだからだーーーーー 以上。

69hawo012.jpg

えー、まあそれだけではなく。今回書きたいのは反省記事なのです。
前にハオにはHayashiとHayashiiがあるってはしゃいだことがあるのですが、
プラグインで書いてたこともあり参照ページを書かずにいたのです。

が、このB型ハヤシ交配をゲットして改めてネット検索で調べ物をした際に、
hitリストで参照元の記事の真下に、似たくだりの自分のそのプラグインの内容が
並ぶという状態に遭遇しまして。
プラグインの内容は更新すれば消えてしまう(と思っていた)超一過性のものだし、
現存するコーナーでは「内向きつぶやき」に該当するどーでもいいものだったので、
全くケアしていなかったのです。

まあ、早い話が人の記事を元にしたときはトラバか、参照元記載を心がけようと
思ったという話でした。ご本人様、関係者様、もし不快に思われることが
ございましたら申し訳ないです。

69hawo011.jpg

そんなこんなで。

68hawo034.jpg
Haworhia 'Kemari'×decipiens

ノギっこに戻る。
かなり成長したとこ見せたかったのに、自分でびっくりしたがなぜかコヤツの写真
今まで一枚も撮ってなかった!比較できぬぁいいい

68hawo035.jpg

ハオ始めて、狩り欲が高まってきた頃に欲しかった蹴鞠。未だに蹴鞠自体は
持っていませんが、当時は----円多肉に出すのが惜しくて諦めてたんだよな。
(今は…… ;゜з゜ ~♪)

68hawo036.jpg

しかし未だに、ノギ系はあまりにもそっくりなものが多数存在しているので、
なにで分類するのか知りません。やっぱり、決定打は花、ですかね?

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

続・多肉葉挿しっこ!

11.25 Sun | Category: -others-

なんの変哲も無い葉挿し&枝挿しですが、初心者的には大きくなるさまが
嬉しいのです。。ということで、ログとして残すつもりで写真だけ記事~^^

ssq-tnk0026.jpg
Crassula 'Hoshi Otome'

ssq-tnk0036.jpg
Echeveria chihuahuarindse

ssq-tnk0034.jpg
Echeveria runyonii

ssq-tnk0031.jpg
Echeveria 'Golden Grow'

ssq-tnk0027.jpg
Echeveria 'Topsy Turvy'

ssq-tnk0033.jpg
Graptopetarum 'Bronze Hime'

ssq-tnk0023.jpg
Karanchoe 'Hoshitoji'

ssq-tnk0032.jpg
Aeonium 'Sun Burst'

ssq-tnk0024.jpg
Sedeveria 'Snow Jade'

ssq-tnk0022.jpg
Echeveria 'Hakuhou'

ssq-tnk0030.jpg
Echeveria 'Dusty'

ssq-tnk0029.jpg
Echeveria 'Topsy Turvy' cristata

ssq-tnk0028.jpg
Graptopetarum 'Oborozuki'

ssq-tnk0038.jpg
Sedum 

お名前失念、、なんでしたっけ?葉っぱだけ紛れて来たので~^^;

ssq-tnk0025.jpg
Cotyledon 'Kumadouji'

ssq-tnk0037.jpg
Crassula 'Himatsuri'

ssq-tnk0035.jpg
Graptoveria 'Silver Star'

他にもあるけどこんなかんじで~d´∀`b
ある程度発根したら、室内のトレーからベランダトレーへ。
遮光無し雨ざらし。でも元気ですよ~♪

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

メキシカン ブッシュ セージ

11.24 Sat | Category: sage

ssq-herb0010.jpg

Mexican Bush Sage

この時期結構あちこちのお宅で、しかも大株群生満開!!な状態を
見かけますメキシカンブッシュセージ
幅2mくらいの群生とか近所にありますよ。その家の近くには、
5月ごろチェリーセージが咲く家と、ロシアンセージが咲く家がある
という…セージ通りか!?w

実はこれはわたくしがお迎えしたものでなく、かさまが普通の花モノ
として買ってきたものなんですよね~。
きっとハーブだなんて思わずに観賞用園芸花として植えている
ご家庭も多かろう…

ssq-herb0006.jpg

もこもこ紫の花。香りません。
パッと見この紫の部分が花と思いがちですが、これはガク。

ssq-herb0007.jpg

こんな感じでね~花が落ちたあとはガクだけが残るんですよ。

ssq-herb0008.jpg

で、こう、と´∀`

意外や意外、加湿ぎみを好み、明るい日陰でオッケーみたい。
うわお!ありがたい!珍しくうちの庭でいける…むしろ地植えで
抜群!?な子だぜぇ~ わーどーしよ
植えつけようかなぁ。花いっぱいになるから庭が華やぐなぁ。

(どうでもいいけど、うちの庭に地植えで適するハーブって、
ラムズイヤーとか紫花のものばっかり~)

ssq-herb0009.jpg

葉っぱ。コモンセージのような皺と軟らかさ、ホワイトセージのような
形を併せ持ってますね。

別名、アメシストセージベルベットセージ
葉は普通に香ります。今度セージミックスのドライでもつくろうかな?
これまた(自分で)意外や意外、セージはこれで3鉢めだわっっ。。
本当はタイムを増やしたいのに…w

そうそうタイムやセージといえば。
ドライのセージやタイムをうどんにパラパラっと散らして食べると、
「雰囲気洋風」になっておもしろおいしいですよ!
この秋のプチブームです*´ω`b
でも本来はソーセージのセージっすからね~豚の煮込みとかに
そのうち使ってみたいな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

リトープス・花が終わっ…また花!??

11.23 Fri | Category: -Mesembryanthemum-

ssq-lith0007.jpg
Lithops hookeri v.hookeri 'Vermiculate Form'

こないだ予想外に早い脱皮に、二重脱皮を恐れていたたた
バーミキュレータ、なななななんと!!


ssq-lith0006.jpg

こんなんなって。
これ、写真にして落ち着いてみれば一目瞭然なんだけど、パッと見
子供だと思ってた。
やべぇー潅水そんなしてないのに八街~~と思ってた。。 が!

ssq-lith0005.jpg

にょっき~ん 

なんとまあ早熟な娘さんよ! 
子ではなくまさかのつぼみだったわけで。

こんなにも親の庇護がある小さなうちから女になるだなんて~
なんか、なんか。行く末がコワイヨ。。

花が終わって、脱皮して、脱皮子からまたつぼみが。
これが一か月の内に起こるなんて。アッチョンブリケなのよさ。
普通にあることなのかな? …まさか…ね。ないよな。

ssq-lith0004.jpg

ということで、花は咲かせず切った方が体のためだろうかと
迷っている。体力使っちゃあんまりよろしくないよな。。
またも一波乱。リトープス、やってくれるぜ(おもろいやっちゃで)!

☆追記 もちろん切りました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ユーフォルビア・今度は「竜」で

11.22 Thu | Category: Euphorbia

ssq-euph0047.jpg
Euphorbia stellatta

「麒麟」と同じくらい多い?和名「竜」シリーズ!
前に記事にした「噴火竜」もその一つですね。これは「飛竜」という和名が有名なユーフォ!
塊根系で、葉っぱが奔放に伸びていく感じがいいですね~´∀`
ユーフォの伸び伸び系は、みんなどういう形に成長するのか想像つかないのが
育てる楽しみだな~と思っています。何気にぷっくり塊根のユーフォ、お初です。
元々そのテがほしくてユーフォ始めたのにな´ω`; (うーん鬼笑いほしいよ~!)

ssq-euph0048.jpg

ただでさえユーフォの葉がつらそうな顔し始めるこの時期にですよ。
かさまが洗濯物落下させる→この鉢含めトレーを直撃→鉢落下で株傷む・鉢から抜ける→
なんとか植えなおす…という惨事が先日起こりまして…
この時期のつまりの「植え替え」に、冬に弱いユーフォがこの先耐えられるのだろうか…
根付きは間に合うだろうか…かなり不安な状態で、徐々に気温下がっていく毎日を過ごしています´Д`; 
(ダメージ的には落下したその下に直置きしていたエケの方が厳しかったんですけどね;Д;
 せっかく形整ってきた大株の葉っぱかなり折れたし~>皿<)
ユーフォの根は繊細なので、越冬がちょっと一筋縄ではいかなさそう。
夏型ゆえ冬は断水ぎみに管理」「でもたまに一日で鉢が乾く程度の水をやらねば、
微細根が枯死してしまうから注意
」らしい。う~ん。
むしろ私的には「中途半端に管理して徒長させないよう注意」したいところでありますが。

まぁ、夏期にわちゃついたセンペルとは真逆に、この冬はユーフォと格闘してコツを
つかんでやろうと思ってますが~ちょい枯れも覚悟だな。。。

ssq-euph0050.jpg

話が逸れた。
飛竜はトゲの間から花が咲く…らしいのですけど、これのことでしょうかね??
確かに竜の名らしく、大株になるほどいかつくなりそうな子なのですが
ここにこうやって花が連なる姿を竜と重ねて想像したら、ぐぐっとファンシードラゴンに
なって笑えますね。「鴨ネギ」ならぬ「竜が花しょって来た」…いったいどういう意味の
ことわざになるのやら~とか思ってみたり(でも編み出そうとはしない)^皿^
くだんの落下で傷ついて白い液(アルカロイド液)が出て付着している痛々しい写真~><

ssq-euph0049.jpg

こないだのマルハチよろしく、葉っぱに漢数字の「八」のような模様が連なっていますね。
これも日照不足だと薄まってしまうようで、なんとかキープしたいところ。
とはいえ加温装置のない我が家では、外は無理…そして自室の室内置きでは日照最悪…
ユーフォが冬の間に一旦落ち込むのは、うちで育てるには仕方ないことだと諦めねば
ならんのけ~…?

ssq-euph0051.jpg

うちの竜ユーフォは多分飛竜・噴火竜・逆鱗竜のみです。多分というのは和名が
わからない子もいくらかいるから´∀`;今はユーフォ、夜間は完全に室内に置いてます。

おまけに。
こちら、「るりあきら」さんこと瑠璃晃、まーだまーだ咲きそうで咲かない。
開花まですごく長くない??

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

【グリーノビア】すいやせん破戒しやした。。

11.20 Tue | Category: Greenovia / Aeonium

ssq-gree0007.jpg
Greenovia gigantea

さぁーすっかりロゼット開いてお花みたいになったおー
グリーノビア・ギガンテア。今まで「ギガンティア」ってったけど、
スペル見ると「テア」が正しいね。

かわゆいー。おかげでアエオにも興味もっちゃってやばゆいー。
でも、ま、「春まで買わない」の戒め。ここは破りませんよ`ω´

で、ね、いつぞや「とりあえずギガンテア越冬がむばってーそれ
までは新たなグリノに手ぇ出さないのー
」なんて言ってたアレです
けどね、ハッハッハ。破りましたとも。しかも中長期的に破ってですね、
実はグリノ戦隊揃い踏みさせちゃったっつーの。HAHAHA´∀`
いいの、いいのです。十万石饅頭。グリノたんはトクベツだから。。

で、みてくらさいよ。これ。

ssq-gree0008.jpg

クリソーツ!

これは意外や意外、オーレアなんですけどね。
「黄色の」という学名を持つオーレアがこんな、とツッコミてぇ~ですが
まぁ顔の違いはあって、これはそのうちの一つなんですが。
まぁ~ギガンテアにそっくりだと。色も形も!
若干ギガンテアの方が葉がスマートなだけ、じゃないですか違いは。

ところが調べたら。。

ssq-gree0009.jpg
Greenovia aulea ex El Hierro

diplocycla var. giganteaがギガンテアの正式名称
のようです。ぬなーディプロキクラ変種だとう~
ドドランタリスなら小さく葉が細いものが多い印象ありますが、
ディプロキクラ…?そしてオーレアである上の写真の子に
ここまで似ている…??  むむぅ-ω-

この子達のステキポイントは、内側で小さいうちは尖っている葉っぱが
外へ向かい大きくなるほど、丸みを帯びていくところ。人生を感じ…る
ほどではないですが、単純にディテールにユニークさがあっていいなと。

ギガンテアといえばここにすっごい写真(理想すぎる)があるので、
よかったら見てみてね。フリッカーの写真って使い方わからんので
リンク。凄い枚数ありますが、上から10個以内には出てきたと思います。。
ここのギガンテアは「黄色くて」「葉もワイド」なのがさらに
わたくしを惑わせるのですが´∀`;

グリノ戦隊には他にディプロキクラ、ドドランタリス、アイズーンが
おりますがこれはまた今度。
わたくし、狭義的にはハオルチア・コレクタとグリーノビアコレクタ~
になると思われ。とにかくその二つはわたしを惹きこむのです。
これからも集め続けていきたいと思います。。
(広い土地があったら塊根ユーフォとかもっとなぁ~>Д<)

ブログランキング・にほんブログ村へ

むしろ日陰でよかったハーブ

11.14 Wed | Category: シソ科畑

夏の間大増殖&大徒長でドイヒー姿になったミント。
初秋に9割方切り詰めてリスタート。
で、今これくらいに復活しました。(つって、写真・記事内容は
10月半ばのもの…放置して忘れちゃってた´∀`;)

68herb011.jpg
Spare Mint

夏前と比べて新芽の数と、何よりランナーが減った。きっと根詰まり。
根を切り詰めたらもっと成長するだろう。
やろうかな。そんなに収穫の需要ないけど^^;

68herb010.jpg
Cool Mint

今はハオ棚&センペル畑のさらに奥、隣家との境目の細っそい
スペースにプランターを置いてます。センペル畑同様、終日
明るい日陰。自然潅水のみ、ほったらかしで余裕の育ち。
ん~、やはりミント類はこれくらいの日当たりが一番生育に
よさそう。65角プランターってはっきり言って邪魔なんで、
庭の片隅に置けるようになったのは一家全員にとって精神衛生上
よろしい。

68herb012.jpg
Self Heal

All Healともいわれるアレです。
思いのほかこれが大増殖中。5月ごろ実生スタートで、結局芽から
この姿に至るまで超~~強健。カモミールの5倍はつおいんでねっ
てくらいの逞しさ。

「地植えにすると雑草化するので鉢植えでネ☆」なんて但し書き
見ますがプランター植えでも十分雑草にしか見えません。
夏に花を咲かせ、彼岸花みたいに立ったまま枯れる別名(和名?)
「夏枯草(かこそう)」…が、夏に花咲かず。ううううん。

68herb18.jpg
これはレモンバームティー。

利尿・消炎・収斂・防腐抗菌etcetcスーパーメディカルハーブ。
そろそろいい加減使いたいところなのだけど、肝心のティーに
するのは花。葉っぱは止血に使えるんだよね…今度庭仕事で
指切ったら、使ってみよかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ 

うねりと丸みのハオルチア!

11.10 Sat | Category: Haworthia

ssq-hawo0141.jpg
Haworthia correcta×spring

コレクタ~ズコレクションのひとーつ!
コレクタ×スプリング。スプコンはよくありますけどこちらはスプコレってわけで。
全てのスプリング(ボクブラケンシス)がそーだというわけじゃないですが
この株の面のへこみ&うねり具合はスプリングの顔ですよね。
今のところスプリング変種って感じでコレクタの顔はなし…ですかね?
これからに期~待~!

ssq-hawo0140.jpg

渋くてきれい。鉄器みたいでかっこいい。

ssq-hawo0139.jpg

ssq-hawo0144.jpg
Haworthia cymbiformis var.transiens

最近の大のお気に入り~!
トランシエンス。うん、完璧なトランシエンスと言いたい。
これはたくさん増やしたい!そして誰かにこの愛らしさをお分けしたい!
そんな株です。

ssq-hawo0142.jpg

手元にあるだけで心癒され、見入ってしまいます。はぁ*´∀`*
トランシエンスと一口に言っても、ノギのあるタイプ、スペックシーみたいに
細葉のひゅるんっ!ってタイプなどもあるようで。

ssq-hawo0143.jpg

でも、私的にトランシエンスはこれでパーフェクト。
一生この株にはこのままでいてもらいたいくらいさ(笑)。
あーあー、ワイ、オブツーサとコレクタ長年かけていっぱい集めそうな気が
してきたわー。この二種(あるいは片方)に執心なブログとかどっかに
ないじゃろか~?

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

センペルの栽培実験開始!!

11.05 Mon | Category: Sempervivum / Jovibarba

写真少ないのに文多いんで、関係ない庭のポリゴナム写真挿みまっす
69po001.jpg

えー、ハオに先駆けまして開始しました、センペルの栽培実験。
四タイプ。鉢は全て4号。
個人的に今後の栽培に活かしたいというチョイスなので、
人様の参考にはならないかも。。11月頭開始。
とりあえず、来年の2月末日までを1ピリオドとする。

69semp001.jpg

地植えが小さく見えるのは高低差。
品種は大きいのから時計回りに
上海ローズ】【Rosie】【Morning Bird】【ヒルツムベアンスキー

まず土。上から時計回りに。

1 【地植え。特別な土壌用意せず。表土は小粒鹿沼土、
   内に園芸土・くん炭・パーライト・砂利・腐葉土・元肥・
   マグァンプK中粒適宜 下層に大粒砂利】
2 【スリット4号
   日向土小粒・川砂・くん炭・腐葉土
   排水層に日向土小粒 1.5cm程度】
3 【テラコッタ4号
   土は3と同じ、
   排水層に大粒日向土 1.5cm程度】
4 【スリット4号
   日向土小粒・川砂・くん炭・園芸土・腐葉土・
   マグァンプK中粒15粒くらい 層を作らず適当にごちゃまぜ】


地植えは冬は終日明るい日陰。
鉢の置き場所はこんな。ベランダ・終日日向。
69semp002.jpg

潅水と施肥について。
地植え・鉢植えともに雨よけせず。地植えは自然潅水のみ。
天候を見て鉢植えの潅水のスパンの長短を調節。
基本は7~10日に1回鉢底から流れるほど、とする。

1 【ピリオド終了までに1000倍液肥を1回】
2 【液肥ゼロ】
3 【ピリオド終了までに1000倍液肥を2回】
4 【ピリオド終了までに1000倍液肥を2回】

1だけ1回に設定したのは、実験開始前に一度施肥しているから。

もっかい写真貼る
69semp001.jpg
つまりわかりやすく言うと、

1   【地植え、終日明るい日陰】で、日当たりは鉢植えよりも
     不利だが、地植えというアドバンテージあり
2と4は【スリット鉢】という条件が同じだが、2は腐葉土・
     くん炭以外有機質や肥料なし
3と4は【土・肥料】の条件がほぼ同じ。鉢の違いのみ。


1【地植えで終日明るい日陰】
2【スリット土痩せ】
3【テラコッタ土肥え】
4【スリット土肥え】

というわけ。3のテラコッタはオマケみたいなもんで、124が本当は
実験対象。仮に夏場に畑から鉢に避難させたとしても、テラコッタは
使わないもんw センペルの施肥量はいまいちピンときていないので、
これでかなりの差異が出たら今後の参考になるし、おもしろいな~
どーなるかな~。
あと日当たり悪くとも地植えがでっかくなってくれたら、畑作ったかいが
あるんだけどな~。

69po002.jpg

潅水が若干雨雪に左右されて、地植えとの差が…と思うけど、
ま、しょうがないね。
とりあえず鉢植え3・4の一回目の1000倍液肥は施肥済み。
次回は1月を予定。

地植え・センペル畑徐々に動きが~。段々株が大きくなって
きたよ~。そちらも織り込みながら、ここから2月末まで追って
実験経過ご報告しまーす。

69po003.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハーブ秋場所 4

11.04 Sun | Category: herb seeding

発芽ラッシュ、まだまだつづく。

69herb004.jpg
Chives

苦節……播種四度目にして……大量発芽…(´ノω;`)
黒ゴマみたいな種からひょろっと一本芽、ネギ科はアサツキの仲間、
チャイブです。春播種分が一株そこそこ大きくなって地植えであるんですが、
なんか惜しくてまだ収穫できてない…w

これまた、触れるだけでかなりのネギ臭!
でも長ネギやアサツキと違って、ん~、普通のネギに若干ノビルの香り
加えた感じと思ってください。湿度+肥沃向きなので、我が家の庭には
合ってる。春にはビビッドピンクな葱坊主の群れ、咲かせるぞぉ~!

69herb005.jpg
Anise Hyssop

これは春のリベンジ。時期が早すぎて徒長しまくって、なんかくっちゃくちゃな
感じで終了させてしまったアニスヒソップ。
実はアニス(ぺルノー好きとしては)もヒソップ(定番ハーブだし)も育てて
みたいけれどまずはそのいいとこ取りからw

ポプリ目的で蒔きました。観賞用にもいいしね。
アガスタキ、アガスターシェって聞いたことありませんか~ これの別名
ですよ♪ 芽はいかにもシソ科っ!! ですね~。今回は播種にも慣れて、
出来うる限り日当たり良好・潅水辛めに管理してますんで徒長することも
無く、今のところずんぐり。こりゃ~、今度こそ育つでしょう~!

69herb006.jpg
Itarian Parsley

どうしても周りの芽にピントがあってしまい、諦めてコレ掲載orz
春播種では10日以上かかっていたものの、早い段階から発芽していたため
同じセリ科のクミン(今回のニューカマーなので芽を知らない)かな?と
思ってたけど、やっぱりイタリアンパセリっぽい。
これまた管理が当たり、春とは違いずんぐりしっかり。見違えたぜ!

しかし今回これまたセリ科のセロリの発芽が遅い…
ちょっと寒くなるのが早すぎたか。

ちょっとテンション上がってるの伝わりますか~。
スペースないのに、もっといろんな種類の種蒔けばよかったなーと思って
ます>∀<  種なら比較的安いし、ハーブの種、輸入してみたく
なりました。春にカナダの有名どころのカタログ取り寄せてたんですよね~。
本当はレインボー斑入りのミントの苗欲しいんですが
カナダからじゃ~輸送が難しそうだなぁ…´ω`;

中身はアレなんで表紙だけ。向こうのカタログはかわいいね~♪
69herb13002.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハーブ秋場所 3

11.02 Fri | Category: herb seeding

うわぁ~い♪^∀^ シーズンインで播種したもんが芽吹きつつあり、
地味ぃに苗ものもやってきて、またハーブ記事増やせそうです。

まずは!! 慶事です!!

ssq-herb0014.jpg
Saffron

球根植えつけて丸一ヶ月、全く無反応でちょっと諦めかけの頃に
ようやく発芽!! サフランです。よかった~´∀`
心よりお慶び申し上げます。これ以外に、もっとデカイ土の隆起が
1箇所。近々くるでしょ~
球根って思い返せば結構植えてから発芽まで間が開くパターンも
あるよね。(チューリップとか)けれど、なにぶん球根掘り上げて
乾かしたの初めてだったもので、ちょっと不安でした。

でも…サフランの別名は「秋咲きのクロッカス」……なのに、
こ、このままじゃ秋に咲けないのは確実なんですけど……w
(少なくとも12月突入だわ…´∀`)
ハーブといえど、リン施肥多めで今年は花をー!

ssq-herb0015.jpg
Common Marrow

Marsh Marrowはマシュマロの素だよ~(昔は)。の、マロウのコモン。
つまり、ベーシックなマロウ。和名:ウスベニアオイ。
野草であるゼニアオイはこれの変種だそうです。
思いのほか発芽率がいい。さらに耐寒性宿根草であることから、幼苗
さえうまく越冬できれば来年はカモミール、レモンバームやミント
とのハーブティー三昧できるのでは!?
なんて今からわくわくしている。(ハーブティーの変色マジック←収穫
したら試して記事にします/も楽しみ~♪)
ガーデニングで観賞用として売られてるくらい、お花もかわいいしね! 

ssq-herb0016.jpg
Coriander

昔の記事で「種から二つの芽が出るなんてそんなこと~~………
ぅあるっ!!」と驚きましたコリアンダーの種。マクロ撮ができるように
なり、ようやくお届けできます。こんな感じです!!
一つの種から芽が二つだなんて、なんてお得なんでしょう∂∀∂~♪

また来年も…触れもせず、ただそこにあるだけでガチのカメムシ臭
漂うこやつとの小競り合い(潅水時…剪定時…)が始まるのですな!
今度はエスニックで生食するぞー!

発芽ラッシュなのですぐさま次記事UPしまっせ~
実はローズマリーも動きが。前にも咲いたナンシーハワード
と同時に今度はミスジェサップも花開いておるのです!! うぉぉ~直近のカメラ時間に晴れますように!
ってことで、ハーブ記事秋場所、次回もお楽しみに~♪


ブログランキング・にほんブログ村へ

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。