スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーにする木のハーブ (シナモン)マートル

07.05 Fri | Category: more herb

ssq-herb0058.jpg
Cinnamon Myrtle

学名:Backhousia myrtifolia  和名:シナモンギンバイカ(グレーギンバイカ)

…マートルと名がついてるシナモンマートルなんだけど、
マートル(Myrtus communis)とは違う種類の植物らしい。
シナモンちゃんの種小名が「myrtifolia(マートルのかたちの)」なのが
その別モンでっせをわからせてくれますな。
マートル自体は完全に梅の花に似ている白花なんだけど(ギンバイカ=銀梅花)、
シナモンマートルの花はガクの五角形とシベがかなり主張していて、
全く梅の花っぽくはないねえ。

ssq-herb0059.jpg

9か10号鉢植えなので、動かすのが面倒で背景ごちゃ…すいません。。
花の香りは、たしかにシナモンっぽい。
けど、シナモンのあの樹皮っぽいイガラっぽさっつうかスパイシーさはなく、
フルーティーで甘めの香り。…って、もしかして葉の香り?? 
葉をティーにするんだもんな。
実を言うと、花が香ると思い込んでいたため、まだ葉の香りを
かいだことがないんです(二年目なのに←消費せずに充実させてたから)。。

ssq-herb0057.jpg

これ花。梅の花にしてはガクとシベばかりが主張しすぎですね~。
もう二週間は満開状態が続いてる。なかなか長持ち?

ssq-herb0060.jpg

ってことで、花が香るのか調べてみた。。ら、出てこない。。
葉っぱの香りはホントに、「フルーティーな花の香りとか表現されたら、
こんな系統の香りのことだよな」~って感じの。
甘さ多め・少しの酸っぱさとフレッシュさを持ち合わせた…っていうかな?
あ、若干カモミールローマンに近いかもな。思ったより香りがすごくよくて、
一枚ちぎって机の上に常備しとります。気が向いたら手にとって嗅ぐw

質感や形は、まんまローレル(月桂樹)の葉を小さくした感じ。

今度念のため英語サイトも調べてみようかとは思うけど、
花は香らないのかもしれない。


icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

庭の一区画にいま咲いてるハーブたち。

05.18 Sat | Category: more herb

ssq-herb0034.jpg

うちの庭のこの区画で今三種花が咲いてます~。
次はカモミールがつぼみあるのできそう。
あと茎立ちしてきたから今年はラムズイヤーの花が見れるかな~??

ssq-herb0035.jpg
Common Sage

これコモンセージなんですよ~~!!
って、興奮してるのは自分だけか… いや、これがローズマリーの花にそっくりで。
同じシソ科だからって種類違うのに、ここまで似るかぁ~という驚きが。。
そうそう、セージを、魚鍋の〆の雑炊に使ったら最強でした。
やっぱり魚と相性いいんだね~。次は庭のディルを!

70rose003.jpg
Rosemary

こちらローズマリー。ちょうど形が比較できる写真がこれくらいしかなかったんだけど、
うちには上のセージと同じ色味のやつもおります。
似てるよね?
サイズ自体はコモンセージの花の方が三周りは大きいかな~?

ssq-herb0037.jpg
Anise

こちらも…同じセリ科だからって、かなり何から何までコリアンダーにそっくり。
葉っぱの変化までそっくりなんですよね(これはまた記事にしますけど~)。
不安になるんです。コリアンダーじゃないよね… あの香り無いし。
(実は庭にコリアンダー直播した。でも、蒔いた場所とは違う…でも…~~)

ssq-herb0038.jpg
Coriender

これ昨年のコリアンダー。
もう引きの絵でそっくりなのがわかりますよね……・・

ssq-herb0036.jpg
Calamintha grandiflora

お気に入りハーブのカラミンサのグランディフローラ。白花のネペタよりもかわいい。
しかも葉っぱ斑入りだから尚のこと。
葉はキャットミントとフルーツ系ミントの間くらいな感じのたまらなく好きな芳香。
お馴染さんな園芸店で今年も売ってた。思わずもう一株欲しくなっちまったあ。

時期半端だけど、空き鉢に入ってた土を天日で消毒中…そして半端に鉢に戻す…(雨ぇ…)

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

曲がりなりにも庭ハーブもっさり成長中。

05.04 Sat | Category: more herb

ssq-herb0029.jpg

写真悪いけど~
庭のハーブ、やっぱりうちでは徒長しやすいんだけど、まぁそれなりに育ってます。
潅水は自然にまかせっきりです。

ssq-herb0030.jpg
dill

1m近くまで育った。一年草だから収穫量を考えると、秋蒔きでできるだけデカく
育てたいもんですが応えてくれるか…もっと育ったら、葉っぱで白身魚のホイル焼きでも
しよーかな。種でピクルスが本来のお目当てだけどね。

ssq-herb0031.jpg
Camomile Dyers

まだつぼみがない。
まだ咲かなくていい。
どっちにしろダイヤーズは染物くらいにしか使えなかったはず(ほぼ観賞用)なので、
ジャーマンよりはユルい目で見てるけどね。

ssq-herb0032.jpg
anise

ディルと同じく、これまたセリ科一年草のアニス。甘い香りのハーブ。
うちにはワームウッドもあるので、アニスとワームウッドといえばわたくしの大好きな
お酒(そしてパクチーやセロリのように大抵の日本人が嫌うと言われる味覚の…)
「ぺルノー」の二大原料ですな。元々の。
今はワームウッド⇒有毒だから別のもので代用 アニス⇒スターアニス(いわゆる八角)に
シフトしてるんだっけ?
ぺルノーはオレンジジュースかビール割りが好きです。夏によくやる。
ハーブ酒だからか? 妙に軽く気持ちよくごきげんに酔えるのが特徴。
でも度数40%なんで飲んでみたい方はお気をつけを……
春菊キライな人はぺルノーもダメかもね。

アニスといえばお菓子作りなんだけど、わたしはお菓子は無印のティラミスくらいしか
つくらないw(あれ「作る」ってオイ)じゃなぜアニス育ててるし
あとハーブキャンディのリコラ…と思い企業サイト見に行ったら、アニス入ってない
でやんの。あれれ???

ssq-herb0033.jpg
common sage

二年目突入して花の兆し。
セージはちぎって冷奴にのせてポン酢で食べることが多いかな~。
合わねーよっ!って人も多いだろうけど、ハーブ好きな人ならグッとくるかも。。
なにせ、セージは他のシソ科ハーブよりも薬草~っぽい香りがするから(と、思ってる)。
魚メインの鍋に入れればおいしそうだけど、今は夏も近づく八十八夜ごろであった。。
そう言って、何気にうちとこは茶所なので、小学校の社会科見学で茶摘したの思い
出した。

それでも茶畑だいぶ減ったんだよな~。景色いいのになぁ。

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

越冬した庭のハーブたち!

03.28 Thu | Category: more herb

ssq-herb0005.jpg

しばらく冬季休載していたハーブ記事、久々更新です。
写真もでかくしてみやした。しばらく前サイズとごっちゃになりますがよしなにです><
これはカモミール…ではな~い謎のキク。ローズマリー鉢(右の花はBlue Boy)に推参!
若干ダイヤーズには近いかなって葉だけど……うーむ、どこから飛んできたんだ、種。

ssq-herb0006.jpg
camomile dyers

これダイヤーズ。
お茶(白花)にはならない、観賞・染料用のカモミール(黄花)です。
強風の中撮ったんで写真ぶれぶれな上、影が…見づらくてすいやせん。
雪の下でも耐えてここまで大きくなってくれました。意外と強健!

ssq-herb0007.jpg
camomile german

こっちはジャーマン。ダイヤーズの隣、センペル畑跡地(いや、また予定地になるもん!
`ω´;)の端っこにこぼれ種から生えた。
この感じなら去年と同じくらいに咲きそうな感じかな…
去年の記憶から、春蒔きよりもただ今ちょいと大きいくらい。

ssq-herb0008.jpg
lemon balm

レモンバーム。冬季、地上部が枯れたけど、今匍匐状態でわっしゃわしゃ。

ssq-herb0012.jpg

それよりも日陰・湿潤の花壇のヤツの方が成長よし。(右側に写りこんでるヤツ)
ハーブの中では珍しく、この手の感じのシソハーブはやっぱり日陰・湿潤向きなんだね。
(ミントとか…)
細いのはネギ科のチャイブ。これまた冬季地上部が完全消滅したのでオワタ?と思った
けど春になってまた吹いてきた。………んだけど、
独特の、触れただけでガッツリ香るネギ臭がない。う~ん??
手前の斑入り葉はパイナップルミント。育ちすぎそうだったら、とっととプランターに
切り上げる予定´∀`;
奥のもふもふはラムズイヤー。今年は花を見たい!

ssq-herb0010.jpg
wormwood

ほんとは日向向きなんだけど、半日陰のかったい土に地植え中のワームウッド。
これまた越冬して、新葉がわさわさしてきた。
今年こそ、去年漬け込んだワームウッド&タンジーの防虫スプレー使うぞ。
有毒だと知ってて、昔は酒になってたんだし…とちょっとなめてみたい衝動に駆られる…
が、やめときやす(ゆくゆくはアッタマパーになる毒らしい…´∀`;)。。
後ろにちょいとあるギザギザ葉はタンジー

ssq-herb0014.jpg
tansy

こちら10号深鉢のタンジー×2。これまた新葉吹いてきた。
今年はワームウッドもタンジーも、全部洋服ダンス用(防虫効果)ポプリにしよう。
去年も言ったけど、タンジーは甘いバンドエイドの香りがします!(想像できるかな?)

ssq-herb0009.jpg
caramint

右・斑入りカラミント。
去年より明らかに糊斑ぎみなのでちょいとびっくり。香り最高!
今年もかわゆい桃・藤色の花おまちしております。。
左・秋蒔き実生mix。

ssq-herb0013a.jpg

………これが、鉢蒔きしてたんだけど、寒いうちに株分けしたら凍害で死ぬな~
でもあったかくなるまで待ってたら根が育ちすぎて株分けできなくなるな~……………
…………めんどうでい、そのまま地植えしたれッ!! という雑~い管理で植え込まれて
しまった子たち。当然、鉢の中で駆逐されてしまった芽、あり。
多分アニス、チャイブあたりほとんど残ってない。。
コモンマロウ(でか丸い三つ葉)、コリアンダー(繊細な三つ葉)強い。。。

ssq-herb0011.jpg
dill

繊細な葉、これはセリ科のディル。
うまく育ったら、ぜひともピクルス漬けるんだい!>∀< (ディルはピクリングスパイス) 
…なんだけど、2苗しかない。…なんだけど、うまく育ったら1m超えるんで、2苗で限界。
う~む、うまく育ったらほんとちょうどいい数なんだけど……どーなるかな。
周りのザラ葉はコモンセージ。セージは普通にドライハーブ購入してしょっちゅうお世話に
なっております。今年はもっと収穫できるといいな。

駆け足ぎみに一部ハーブを紹介しましたが、
次のハーブコーナーはローズマリーの開花記事を紹介しま~す。3/9鉢咲いてます!´∀`

BGM:たららん/PUFFY

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

雪とベランダハーブ

01.17 Thu | Category: more herb

ssq-herb0020.jpg

みなさんとこは雪の被害いかがでしたでしょうか?
わたくしすっかり「屋根から雪崩れる」ことを忘れてまして、悲劇が…orz
それはセンペル記事でお送りするとして(´;ω;`  #ヾ(`д´)ノ゛キィー
ローズマリー

ssq-herb0021.jpg

立性ミス・ジェサップ(左)あたり折れてるかも~と思ってたけど、
みんな雪どけてみたら案外無事でした。
そ~だな~、10cmは積もってたかな。一晩たって凍って、ずいぶんな
重さだと思うけど、7鉢とも無傷。よかった。

ssq-herb0022.jpg

でも、もともと扇形に伸びつつあったスウィートマジョラム
写真わかりづらくてすいませんね~
(お気に入りのユーフォルビア・バイオエンシスが何枝かしぼんだの
 発見してショックでレンズ換えるの放棄´;ω;`)
雪の重さで押し潰され、扁平に。がーんぶさいく……。。
しかし、プチプチで軽く根元マルチングした程度でローズマリーも
マジョラムもなんなくこのまま越冬することができそうな。
さすがに、これ以上の底冷えはないし。。
TVの首都圏天気予報でいうところの東京-2℃=うちくらいかな?

ssq-herb0019.jpg

庭植えは修羅場です。どーしよーもないんで経過観察中。
でもとある実生だけ勝ち組になるかもしれん…もし生き残って
くれたら、今年の春はとり元先生的に最重要推しメンとして
扱っていきます。スーパー放置プレイで水切ったのが鍵か…!?

こいつは同じくベランダ置きのフォックスリータイム
次の写真は11月ごろのだよ~。

ssq-herb0017.jpg

ssq-herb0018.jpg

ね~。寒さにあて、水辛めにしてたらすっかり紅葉!
ただただ春を待つハーブたちの中で、唯一のおたのしみ。。
春遠からじ…ねえ。はやくくればいいのにね。

BGM:冬来たりなば/堀込高樹

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

【ハーブ】フォックスリータイム&アロマティカス

12.07 Fri | Category: more herb

ssq-herb0002.jpg
Foxley thyme

見栄えがよいタイムの代表格!? フォックスリータイムです。
斑入り葉で香りもよく、小花もきれい。人気なのも頷けます。

いつの間にか誰かにひっくり返され、無残な姿になっていましたが難なく越冬モード。
タイムは乾燥ぎみ・十分な日照さえあれば楽々!ローズマリーと共にほっぽらかしで
すくすく育っています。クリーピングタイム(地植え中)と共に観賞用としては
人気のタイムでは?

ssq-herb0001.jpg

香りも育て方もタイムらしいタイムという感じ。
ネットでフォックスリーセージの記述を見かけて、あるんか?聞いた事ないけど?
と思ってもいっちょ調べたらどーもないくさい。その人タイムと間違えたんかな~
ちぇっ´з`(ちょっと期待したのにっ)

タイムは夏に密かにいっぱいダメにしてるんで(なんと三種類…orz 
徹底的に我が家の庭は湿潤。。)来年はリトライしたい…けれどもうベランダに
スペースがない…ふぉぅ~ジレンマー。

ssq-herb0004.jpg
Plectranthus amboinicus

「アロマティカス」という商品名?で売られているもの。
ハーブ好きにはそちらの名が、多肉好きにはアンボイニクスの名が通るかな?
鈴さんからの頂き物です~(毎度ありがとうございますっ*^^*)
他にもシソタニちゃん頂いちゃいました♪ もさっと増殖中~

タイムと同じシソ科ということで一緒に紹介。
でも、香りはタイムよりもシソ!って感じしますよ~
案外ちゃんと料理に使ってる猛者もいるんですね…わたしはあまり勇気が出ませんが´∀`;
ま、アイスプラントみたいな扱いで食べたらいけるかな~…

ssq-herb0003.jpg

なんて思って軽く調べたらアイスプラント=学名Mesembryanthemum crystallinum………
メ、メセンですとぉ!!
…ま、まぁ…あの変態的質感、メセンと言われてむしろ腑に落ちるのですが…
「メタボに利く野菜・アイスプラント」…へ、へぇ…メセン食って脂肪落とせるんか…゜∀゜;

話が逸れた。。
アロマティカスはビロードのような微毛を纏った見た目やわらか葉っぱ。
これが、実際目にしてみると写真ほど柔らかくはない。結構しっかりした、しなることのない
多肉質の葉だったりする。
最初ハーブとして知ったので、未だに自分の中では多肉よりもハーブ。
シソ科多肉ちゃんってわたしの中ではず~っとそうかもなー… 
挿し穂頂いてすぐの根付きだったし、育てやすいと思いますよ~^∀^ノ

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。