スポンサーサイト

--.-- -- | Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的ユーフォルビア綴化

07.16 Tue | Category: Euphorbia

ssq-euph0066.jpg
Euphorbia oncoclada

今日はようやっとユーフォを~
オンコクラータなの? レウコデンドロンなの? セドロルムなの?
な綴化株です。。
むしろ綴化株のほうが標準株よりも出回ってるんじゃないか、っていう
くらいのベーシックなやつですね。

ssq-euph0067.jpg

流通名グーチョキパーとかいうやつですね、、まあね、、形はね、、
果たしてこの名前で購買意欲そそるんだろうか、、
わたしはいやだなあ、、
オンコクラータ札だったと思うけど、スペル見るとクラー「ダ」ですね。。
でも、巷でもクラー「タ」で書いてる人も多いんだよなぁ。

ssq-euph0070.jpg

春に入って再び伸びてきましたが、まだまだ小さいです。
高さ10cmくらいかな~

ssq-euph0069.jpg

ここは綴化してませんね~………うん、まぁ正直、綴化株だったり
へんてこな名前がついてないと、HCとかに置いても見向きもされない
かもしれない……ですよね、、
うちのユーフォの中ではオールシーズン強いと思います(冬は「比較的」)。
うちでは冬がとてもむずかしいのですが、全く凹むことなくでした~。

ssq-euph0071.jpg
Euphorbia obesa

で、こちら凹んでしまったユーフォ、と……
でもこれ冬の終わりごろ急にこうなったんだよなぁ。なぜ真っ盛りを耐えたのに。
去年も不思議だったんですが、

ssq-euph0073.jpg

同じ陵に子が吹きやすい。偏ってるのはなぜだぜ??
うちに来た時からこうなので、成長点が潰れた自覚はなっしん。

ssq-euph0072.jpg

こんなでかい子の近くぎりぎりから生えられても。。
このままでかくなったら、やっぱり新しい子のほうが淘汰されるんだろうなぁ。
なんでだろな~ ぐるり均等に育ってくれると嬉しいんだけどなぁ。


icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

ユーフォルビア アエルギノーサ・デスマッチ

03.21 Thu | Category: Euphorbia

ssq-euph0058.jpg
Euphorbia aeruginosa

今は二本ですけど~これはこのままわっしゃぁ~って群生するので、有刺鉄線デスマッチ
的な…っていうタイトルなだけで、var.death-matchとかいうわけではありませんあしからず。。
個人的にはユーフォ界ではヒールでなくベイビーフェイスだと思ってます、アエルギノーサ。
ちなみにWWEならヒールの方が好きです。アンダーテイカーとか´ε`
ケンゾー&ヒロコとかなつかしい…w

ssq-euph0059.jpg

種小名aeruginosaは「緑青色の」だそう。
なんだけど、うちのは今は軟白。夏になればもっと緑青~っするかな?
実はず~っと欲しかった普及種のうちのひとつを今更げっとしたわけなんですが
細マッチョ系イケメン(?)バイオエンシスが☆なされたのでその代わりに愛しもうかと。
原産地は南アフリカ北部はトランスヴァール、なんだけども、これが20世紀頭までは
トランスヴァール共和国なる一つの国としてあったそうな。ケープやグラーフ・ライネの
ことといい、単なる多肉の勉強のつもりがアフリカ大陸の蹂躙の歴史をも学んでおります…

ssq-euph0060.jpg

ちょいと気になるのは「アエルギノーサ・トランスヴァール」とあえて銘打って通販されて
いるもの。現地からまるっと持ってきた株の値段じゃないと思うし、かといって
トランスヴァール以外の原産地はあるのか?? む~ややこしい。。
もしかして現地株まるっでも激安なほどに市場に過多な種なんだろうか~?´ω`;

BGM:Hurting Each Other/The Carpenters

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

ユーフォルビア逆鱗竜…別名・如意棒…というより鬼の金棒

03.05 Tue | Category: Euphorbia

ssq-euph0052.jpg
Euphorbia clandestina

伸びろ、如意棒~~! ……
なんていうか、植物のお買い物がへたっぴな時期に手に入れたモンで、徒長ぎみの株
なんですが…。。ユーフォルビア・クラデスティナ。和名は逆鱗竜・如意棒・そして
アフリカドラゴン……って、ユーフォの「竜」シリーズ、アフリカ産こいつだけちゃう
でしょのよ´∀`; 節が間延びしたところがある意味怪我の功名で、鬼の金棒
みたいに見えてなんかよりおかしいから、これはこれでよし。

ssq-euph0053.jpg

怪魔玉やらの例のラインに似ているはずなのに、うちのときたら><
アフリカでもちょいと寒い方の場所に生えているらしく、ユーフォなのに
わりかし耐寒性があり、0℃以上あれば良いらしい。怖いから寒風晒せないけど。
確かに越冬中、一切の弱りなしでございます。
で、ここ。

ssq-euph0054.jpg

なんか王冠かぶってるみたいに新しい頭吹いた。おもしろいー!
普通横から分枝するものだと思うのに、逆鱗竜はこうしててっぺんに重なっていく
パターンもあるみたい。こうきっちりてっぺんだと、接木したみたいですよね。 

ssq-euph0055.jpg

暖かくなったら日に当てまくって紫色のラインを出したいな。
あと、自家受粉できるタイプのようなので、いつかは繁殖…?
も、できるかもしれませんね。もっと大きく育ったら、意外と最初の徒長が
味になってカオス株になるかもと密かに期待している。。だって、この子
接木の接木の接木の…ねじれっ…みたいな面白い顔になるんだもん。。

BGM:I Don't Mind/Dr. Feelgood

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

与野党ユーフォルビア・トルチラマ国会

02.16 Sat | Category: Euphorbia

ssq-euph0023.jpg
 

 Euphorbia 
 tortirama




 ぎゅるんぎゅるんのぎゅわんぎゅわん!!
 …にそのうちなってくれるよね? 
 ユーフォルビア・トルチラマ。
 国会はそーなってくれちゃ困りますけど。
 上にばっか伸びて、横がなかなか……
 小生、恥ずかしながらこやつが塊根
 ユーフォだとは知りませんでした。
 
 だって、ウチのとるちぃ、ちっとも根っこ
 ふくれないんだもん。





しわよる。
ユーフォルビアは冬でも微細根の枯死防止のために完全に水を切っちゃっちゃ~だめよん
…とはいえね、すし詰め住宅街住まいには「日当たりのよい室内」がほんっとに皆無なんす。

ssq-euph0025.jpg   

なのでユーフォは温かい日中にのみ短時間出したり、若干日のあたる室内にビニール敷いて
置いたり…でなんとか日照を確保しつつ、徒長を恐れつつの潅水。。
冬季突入でユーフォ(と冬型多肉)は三回目。ベンケイは二回、ハオは一回。
ちなみに、この所々ある白いのは斑じゃないよ。
これは……… 同胞の血だ!!!!

ssq-euph0026.jpg

っつうのも、こいつ背が高くて軽いんで、出し入れの際に倒れて周りのユーフォ傷つけちゃうんす。
ほいでユーフォちゃんたちって傷ついたところからアルカロイド液(白い。いわゆる「矢毒」)
出すじゃないすか。 多分、それが染みになって… 残って…… ・ ・ ・返り血ィ!!
ぅおおおお修羅ァァァ!!! …だと思うんですよね。違うかな´∀`;

ssq-euph0027.jpg

実はこの写真の後に若干体が茶色い部分が出てきやして。そして若干軟らかいと。
うっああこれやっちまったよ~完全オワタよぉ~オロロンオロロンと嘆きやして。
そして二週間。なんか未だに生きている、と。あ、あれ、生き延びた??
まさかの終了フラグ回避?でびくびくしながらも経過観察中でやんす。

ssq-euph0044.jpg
Euphorbia bioensis

………っがーん。

BGM:Love Me, Please Love Me/Michel Polnareff

ブログランキング・にほんブログ村へ

たーおれーるぞーユーフォルビア孔雀丸綴化

01.31 Thu | Category: Euphorbia

ssq-euph0033.jpg
Euphorbia flanaganii cristata

パーリナイっ!!フゥッ!!
っと昨年夏ごろこいてた孔雀丸・綴化株。
孔雀丸といえばタコモノ、タコモノらしい生え方といえば水平に放射状に…
щ(`∀´щ)→\(^0^)/…尻上がりなので(顔文字、伝わりませんよ)
らしく戻った、といえばそれまでだけれど…

ssq-euph0034.jpg

ssq-euph0031.jpg

なんか奈落寸前でなんとか踏みとどまっている人のような、
ひざかっくんを食らったような、傾倒状態になってきた。
こちらは秋の長雨の頃の株。夏型だし、まだ日が照りゃすぐ乾くし気温的にも余裕っショ!! 
などとまたもこいてたら う~ん

ssq-euph0032.jpg

この辺。このとおり。
段々と木質化してきたこの辺りが長いこと雨ざらしだったせいで腐ってしまい、
枝を千切らざるをえなくなってしまった´;ω;`
ここにも成長点あったので、ここが潰れたということは放射状でなく偏りのある株姿に
なるヨカーン… は、的中してしまう。。

ssq-euph0040.jpg

完全に寝てしまいました><
これは1月上旬の。「マトリックス」というにはあまりにも倒れすぎ…
うん、ただ単に倒れてる株姿になってしまいました。半年前と比べるとなんとも
つまらない…しかし、孔雀丸綴化株らしい姿になった。なった。なってしまった。う~ん´ω`;

ssq-euph0037.jpg

それでも新芽が綴化状態で生えてきてくれているのが、ちょっと救い。
元はタコモノとは思えないくらい思いっきり偏りのある姿に成長してしまったので、
新芽部分が反対側に広がってくれるといいんだけど…
「さざれ石の巌となりて」だ、今年夏のもうひと化けを期待して、今のうちに
こうして写真出して伏線を引いておく。。予想の斜め上の面白成長してくれるとなお良し!!!
(冬季でかなり水切ってるから葉が倒れているだけ…ならさらに良し><)

BGM:Manic Depression/Seal&Jeff Beck

icon_03_23.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

秘蔵っこ・ユーフォルビア ペリエリ エロンガータ!

01.13 Sun | Category: Euphorbia

ゆーふぉちゃん うちの素人丸出しラインナップの中で
唯一ちょいレアなんじゃないでしょうか…
えっへん 秘蔵っこ!

ssq-euph0014.jpg
Euphorbia perrieri v.elongata

どうです!
ワイルドに開く葉、繊細な葉脈、幹のうねりと美しいトゲの列! 
うちにある中ではダントツ、そして全ユーフォの中でも上位ランクの
美しさではっ? 大のお気に入りユーフォです!
ていうかうちの全植物の中でベスト3に入るほど好きだなぁあ♪

ssq-euph0019.jpg

マダガスカル北部原産。
perrieriはフランスの植物学者の名。elongataは「長く伸びた」。

って、恐らく幹のことでしょうが、E.perrieriでも十分に長くなる
と思うんだけど。。。

英語でぐぐても記事書いた日現在で2890hitしかないという、わりかし
ガチのレア品種ではないかと思っている。。
透かした葉脈もこの通り…全方向から見て美しいよ~
でっかくなるけど(90-120cmだってさ)
どうぞ、このままの美しさを保ったまま、ゆっくり大きくおなりw

ssq-euph0020.jpg

10月頃の写真なんで紅葉してますね~。こういう葉はもれなく落葉
します。え、今? 今は、頭に葉がたった三枚…
オバケのE.p v.e太郎になってますよ(なげえよ冠が)

こういうヘッドはビグエリー、噴火竜のラインに似てますね。

ssq-euph0021.jpg
Euphorbia viguieri

ほらね。
成長後の、しっかり木になった姿も似ています
(幹太りしなかった場合)。
まぁ、美しさでいえばe太郎に完敗ですね。

ssq-euph0008.jpg

        このとおり

ssq-euph0007.jpg

        パーフェク別嬪ゆーふぉ

ssq-euph0006.jpg

        この姿 我らの中で最強…

ssq-euph0010.jpg

            ドヤァ!!

ssq-euph0011.jpg

                              
ビグエリー「わたしまけましたわ」・゚・(ノД`)ヽ(´Д` )←ネオビグエリー(噴炎竜)


BGM:Soullala/Candy Dulfer

ブログランキング・にほんブログ村へ 

乙女系ユーフォ姉妹(見た目が・名前が)

12.28 Fri | Category: Euphorbia

ssq-euph0002.jpg
Euphorbiamammillaris variegata

なんつって~(記事タイ)ユーフォは雄雌はっきりしてるから、これで
雄だったら今後オカマ扱いになりかねないので姉妹とか言わないほう
が身のためですが。。

あら~めんこいの~´∀`
白樺キリン。submammillaris姫キリンは持っているけども、肝心の
すっぴんmammillaris亀甲キリン(鱗宝)だけは持っていないという。
エケベリアの大和系の大和だけは持ってないのと同じパターン^^;
(みんなもそうだよね~)
ヴァリエガータにお株を奪われたすっぴん、悲し。。南アフリカ原産

ssq-euph0001.jpg

しらかんば姉さんは、柱状ユーフォの中でも一番乙女チックだと思い
ます~  ときどき、とげ。 なところが益々女っぽいよね。
(いつもトゲだろ女は~とかゆわないゆわない)

思いのほか大暴れしたり、つぼみまでが紅葉したりと見所のある種
だね。うちのはまだ整然としてるけど、うちはユーフォ=カオス推奨
ですから型崩れ全然オッケー。むしろ期待。

ssq-euph0003.jpg

なんか大衆剣劇のカラーリングって感じしない?
あ、浅香光代より早乙女なんたら君の方でお願いいたしたいですが。

あとどんなもんで開花するかな~瑠璃晃の例もあるしな~で
まだまだ先だと思っておきます。
雌でありますように(笑)

ssq-euph0004.jpg
Euphorbia submammillaris

こちら姫キリン~。
巷の姫を見ていると、わりかし上に伸び~のからの~群生し~の、
トツギーノなイメージなんですがうちのは低身長で群生に逸っている
感じの乙女。群れたいのは乙女の心理よ。(わたくし、群れてる乙女
めんどくさくてキライですけど。姦しいとはよくできた漢字だ)

異種(不死鳥錦)まで引き連れて大所帯。に
これからなる…のか…?
いや、まぁ~不死鳥錦には良き所でご退出頂きますけど。

ssq-euph0005.jpg

この謎のニョっきん器官(不勉強)、白樺ねえさんにも現れたり
するのだろうか? ただの矮性種ではなく、似たようなラインだから
subあるいは姫と名づけられただけだろうか?

うむ…調べに出なくてはの(調べてから記事にすれっ)。

ところで、前に「ユーフォは頭数減らして、お気に入りだけを栽培しない
と場所が…」…な~んて言っとりましたが。
改めて、減らすなんて無理っ!と最近つくづく思います。
ユーフォはいい。
あれこれ手出ししてみたものの、最近ハオ・センペル・ユーフォに
結局原点回帰(+グリノ)しつつあり、自分で笑えます。
突き詰めていくと、彼らの姿が主張ありつつどこか慎ましやかで、
やっぱり好きなんよ。
エケとかもいいけど、あれは華がありすぎる。この感じ、わかるかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ

瑠璃・ユーフォルビア・晃さんに当確の花。

12.12 Wed | Category: Euphorbia

ssq-euph0029.jpg
Euphorbia susannae

ユーフォの瑠璃晃さんがそろそろ咲きそう…なのか咲いているのか。
ここんとこ都合により日光に当てる時間が短かった(数日おき)ため、
花が咲ききっていないのかもしれません。

ssq-euph0028.jpg

調べても雄花・雌花がわからない…とは言いましたが~
このぴょこっと出ているもの。雌しべじゃぁありやせんか?花粉ないし!
つうことでこの株は雌株! …と思っておきます。

ssq-euph0030.jpg

るりこうるりあきら。
宝塚っぽいと言ったけどまぁフツーに男の名前としても(苗字特殊
だけど)あるっちゃある。

これでおなご、宝塚の花組男役スター設定が(ほぼ)確定しました。
つがい、運よく揃うかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ

 BLOG TOP  » NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。